FC2ブログ
お友達がプレゼントしてくれたシュクレのエコバッグ。
DSC_0845_convert_20101020214409.jpg
中々に重宝しております。
デザインは然ることながらマチもしっかりあってパン買い放題、な一品。

DSC_0846_convert_20101020214435.jpg
パンの回数券(?)のような200円クーポンも6枚綴り。
エコバッグを持って行くと利用可能なよう。
グズグズのろまなのでノベルティにご縁のないワタクシの為にありがとう~。

「Le Sucre Coeur」
大阪府吹田市岸部北5丁目20-3
06-6384-7901
午前8時~午後7時
月・火休

2010.10.21 
ならまち散策中に見つけたパン屋さん。
RIMG0010_convert_20100912231451.jpg
アットホームな接客のお姉さんにアレコレ聞いてお買い物。

RIMG0011_convert_20100912232130.jpg
シンプルな外観でしたが、中はイートインスペースもあって可愛い。

RIMG0040_convert_20100912231517.jpg
暑い日だったので持ち歩きの時間も考えて控えめに買い物。
サンフラワーシードを使ったパンやイチジクのカンパーニュ、ピタパンなどを購入。
少し固めだったが中々美味しかった。

2010.09.18 
大阪市在住歴は長いが、何故か谷町線界隈から離れる事無く過ごしているので
四つ橋筋以西になると道が分からない。
地図を見るのは好きだし、東西南北で目的地を把握する方なので
決して「地図が読めない女」ではないのだが
なにわ筋・あみだ池筋・新なにわ筋・千日前通・みなと通が非常に苦手である。
車であみだ池筋を走行中に地下鉄駅を見つけると
「え?何でこんな所に千日前線の駅があるの?ココってあみだ池筋だよね!」と
プチパニックになる。
どうも長堀通りと平行に千日前通りという固定概念が頭を離れないらしい。
同じ道理でみなと通りも途中から本町通になるので恐ろしい存在。
・・・と何でこんなに長い前フリなのか、と言うとその困難を乗り越えて
パンを買いに行っています、という苦労自慢をしたかっただけかも

DSC_0674_convert_20100829212552.jpg

大体、会社帰りに「パンでも買って帰ろ」と急に思い立つ事が多い上に
マメな性格でもないので予約なしで買いに行く。
人気店なので品薄の時も多いが、一個も無いと言う事も今まで経験した事もない。
逆に一個も無かったらどうしよう、という
くじを引くようなスリルも楽しんでいたりする。

DSC_0676_convert_20100829212615.jpg
とある日の収穫。この日は夕方遅くに入店した事も手伝って、品薄。
リュスティックやプチブールなど食事パンと残っていた甘系パンを購入。

DSC_0714_convert_20100907223809.jpg
最近の収穫。ここのオリーブやドライトマト、チーズ系のパンが大好きなので
思わぬ幸運に狂気乱舞。(収穫祭?

やっぱりココのパンは最高に美味しいわ。

boulangerie labo ficelleのブログ

2010.09.08 
会社帰りにちょっと寄り道~。明日の朝食のパンを買い物
DSC_0293_convert_20100630153456.jpg
谷町九丁目界隈は飲み屋は多いが、パン屋さんが少ないので前から探していたのだが
キーマカレーでもお馴染みの老松町「もりやま屋」のベーカリー部門である。
玉造にあった時はカレーショップの隅でパンを販売していたような気がするが
パン屋さんは谷9に移転していたのか…知らなかった。

「白食 310円」
DSC_0294_convert_20100630153536.jpg
人気商品らしくお客さんが手に取るのを見て習って買った白食。
もっちりとした山食で断面のコットンのような質感を見て思わず4枚切りを購入。
オーブンで少しだけ温めて食べるとサックリとエアリーな歯触り。なかなか美味しい。

DSC_0295_convert_20100630153607.jpg
その他にもバジルチーズやかぼちゃパンなどを購入~。
小麦の甘さが感じられるパンで美味しかった。

蛙のマスコットが可愛い~
聞けば、「もりやま屋」キーマカレーをフィリングにしたカレーパンも
曜日限定で販売されているらしい。一度食べてみたいですな。

「さんしょ屋」HP

2010.08.03 
移転してからは行けずじまいになっていたラボフィセルへ。
DSC_0265_convert_20100616161342.jpg
淡いフレンチアンティークのような色使い
デッドストックの雑貨でも売っていそうな雰囲気ですな。
女子なら迷わず入るラブリ~な外観
店内は移転前の雰囲気を残しつつ、趣味の良い手作り感が
好印象で毎日通いたくなる気持ちに。
ラブリーと言ってもわざとらしさがない自然な甘み。まるで、ここのパンですな。
パンの美味しさはもちろん、こういうところもリピーターが多い秘訣かも。

DSC_0269_convert_20100616161403.jpg
スイーツ系のパンたち。他のパン屋ではスイーツ系は家人のためにしか買わないが
フィセルでは自分のために買う。美味しいからね、当然でしょ。

DSC_0270_convert_20100616161422.jpg
チーズなどが入った惣菜系のパンたち+紅茶パンオレンジクリームチーズ。
これは自分のために買った・・・って結局、全部自分用に。

DSC_0271_convert_20100616161504.jpg
パリ・オランジュのランチでもお馴染みのリュスティック~
あまり巡り会わないので思わず買いだめ。

市内のパンの中では抜群に美味しい~。
場所も分かったので、また通ってしまいそうだわ。

boulangerie labo ficelleのブログ

2010.06.22