FC2ブログ
今回は「命の洗濯」というスローガンを掲げての宿泊だったので
もう一歩も外には出んぞ!という事で夕食もルームサービス%83%89%83C%83I%83%93
せっかく梅田に泊まるのだから外食でも、とも考えたのですが…
宿泊するからこそ可能な事、というとルームサービス!!!
これって最高の贅沢だと思いません?

「前菜の盛り合わせ」
Ritz7
彩りもよろしくフォアグラも美味。
木のプレートでやってきたのが摩訶不思議ですが。

「クラブサンドイッチ」
Ritz6
クラブフロア、ということで…(というよりメニュー選びに迷ったので強行採決)
卵、オニオン、レタス、ベーコン、ハム、チキン、トマトなど具沢山で
美味しい~%83T%83%93%83h%83C%83b%83%60
フライドポテトも熱々のホクホク~。
シャンパンももすすむ、すすむ~wine02
→そして気絶就寝。おやすみなさ~いzzz

2009.03.08 
今回はクラブ専用フロアの宿泊(33~35F)なので
34Fにあるクラブ専用ラウンジの利用が可能。
少しお茶でも、と行ってみると…
Ritz5
ブッフェにて食事も用意されていました%90H%8E%96
お茶をしながらゆっくりと時間の流れを楽しむ…%83R%81%5B%83q%81%5B
優雅ですわ
ここに住めたらどんなにいいでしょう~、ね。

2009.03.07 
命の洗濯、という名目の元に「リッツカールトン大阪」へ宿泊して参りました~jumee%81%99laundry3
今回はクラブデラックスツインルームです~%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2贅沢ぅ~。
Ritz1
落ち着いたインテリア~。

Ritz2
いつも見上げるスカイビルも目の前だ~。

Ritz3
アメニティもしっかりチェック。
ローズバスを楽しめるように生花も用意されています%83o%83%8901

Ritz4
このベッドで泥の如く寝てやるわ~~%83x%83b%83hzzz

2009.03.06 
「しゅてき部屋」で気絶後(就寝後、の意)は小鳥のさえずりとともにお目覚め~。
グリルルーム「ウィステリア」でブレックファーストでございます%83t%83%89%83%93%83X%83p%83%93
ベーシカルなアメリカンスタイルの朝食~。
ジュース・サラダはブッフェスタイルで
卵料理・ソーセージ・パン・コーヒー・紅茶はサーブしてくれます。
fujiya7

朝食後は館内を散歩~。宿泊した花御殿をばkissDN
しかし…天気わるいな…%89J%81@pkk

fujiya9

箱根をドライブ~
美術館巡りをしたあとランチをするため
再度、富士屋ホテルへ戻って来ました~w(よっぽど気に入ったらしい)

目的は「人気ランチメニューフェア」
明治・大正・昭和にわたり受け継がれて来たベーシックメニューをいただきます。

「スパゲッティナポリタン 2400円」
帆立、海老、蛤、タラバガニ等シーフードたっぷりのナポリタン。
甘めの味付けで完食は困難かも。
fujiya11

「ビーフカレー&ライス 2400円」
富士屋といえば、のイニシャル的ランチメニュー。
ココナッツの甘みとスパイスが食欲を増進。
歴代シェフが忠実に守り続けるレシピとやらを伝授してもらいたいですね。
fujiya12

お肉もゴロゴロ入っていて贅沢~。
fujiya13

ベーカリーショップ「ピコット」での買い物も勿論忘れてはいません。

「レーズンパン 630円」
fujiya14

富士屋ホテルは駐車場が多く用意されているのですが
ホテルの利用の他にこのベーカリーショップの利用のためでしょうか
横浜、相模、品川ナンバーなど地元マダムの車が忙しく入れ替わっていきます。
関西で言うところのメリッサ、という感じなのでしょうかね?

1泊2日の箱根旅行、というより富士屋ホテル満喫旅行はこれにて終了。
そして、関東編も記憶が曖昧になってきたので
これをもちまして強制終了いたします~。
…というより、日常生活へ~%83l%83R
リハビリが必要だね、こりゃ。

富士屋ホテルHP

2008.11.25 
部屋でたっぷり寛いだあとはお待ちかねの夕食タイム~%90H%8E%96
メインダイニングの「ザ・フジヤ」へ~
fujiya2
重厚な扉が非日常へのいざない~

fujiya3
日光東照宮をイメージしたという格天井に見惚れながら
「復刻版特別メニュー」(創業当時のメニューをアレンジ)に舌鼓%83l%83R

前菜:オードブル盛り合わせ
fujiya4

卵入りトマトグラタンスープ:湯気湯気で美味しい~
fujiya5

牛舌シチュー:柔らかで繊維がほどけていきます~
fujiya6

ダイジェストでお送りしました~。
どのお料理も丁寧に作られていて且つ
伝統的フレンチと当時の空気感が伝わって来る様な素朴な構成。
これが、人気オーベルジュ!若手シェフ!でのディナーだとすると
「ヒネりが無い」と感じるところなのかもしれませんが
このメインダイニングの空間やホテルの雰囲気と
それを堪能しようとする自分が見事にシンクロしました~。
まさにコレコレ状態。
赤ワインを1本空けて「しゅてき部屋」で気絶就寝
                                                                         其ノ3へ


2008.11.24