FC2ブログ
本日はこの東京滞在の大きな目玉である「土手の伊勢屋」への訪問~。
炎天下(当時は夏でした。)の中、初めて降りる「三ノ輪」の駅…。
あんまり山手線を外れて東の方面って行った事が無いのでドキドキ%83l%83R

ひろ~い生活道路を歩いて行くと何やら当時の面影そのままに
タイムトリップしたかのような一角が…。
dote1 dote3

創業明治22年という事だけあり、さすがに中々の年代物ですね~。
東京大空襲の日本堤一帯で戦火を免れたのは
伊勢屋さんとその隣の馬肉屋さんだけ、との事でしたので
当時の戦況が如何程のもだったのか…心が痛みます。
開店時間を10分程過ぎて店舗前へと辿り着いたのですが…
dote2
………どうやら私達は敵を見くびっていた様です。
開店と同時に一回転目のお客様達は入店されたあとでした。


待つ事1時間半…やっと入店です。


額の中のブロマイドのお姉さんも私達の苦労を労ってくれています。
dote4

店内メニューは天丼か天麩羅盛り合わせ、ビール等ドリンクで構成。
天丼は具材の内容に因り
イ(海老、いかのかき揚、キス) ---- 1400円
ロ(穴子、海老、いかのかき揚) ---- 1900円
ハ(貝柱のかき揚、穴子、海老、旬の魚、野菜) ---- 2300円
私は天丼ロを、ツレネコは天丼ハをご所望。
メニューを見ながら迷っている時でさえ胡麻油の良い香りがして来ます。

dote5
待つ事暫し…やってきたのは天丼ロ!
オ~~%83l%83R結構なボリューム!
胡麻油でサクッと揚がった魚介に東京風の色の濃い出汁。
関西で食べるそれとは違い天麩羅も色がキツネ色。
食べるほどにこちらが正解なのではないか、と思えてくるほど
素晴らしい香ばしさと出汁との相性。
dote6お待ちかねのツレネコの天丼ハ。蓋(重石)を取るとdote7
期待通りのヴィジュアルに!一同目が釘付け%83G%83r%83t%83%89%83C

胡麻油の香りがアクセントとなり、また油切れが良いためか
見た目よりヘヴィな印象なく平らげてしまいました。
やっぱり、鮨と天麩羅は江戸前に限りますな~。

「土手の伊勢屋」
03-3872-4886
東京都台東区日本堤1-9-2
営業時間11:30~14:00、17:00~20:00 ※売切次第閉店
水休
スポンサーサイト



2008.10.30 


Secret