FC2ブログ
4月に来る人事異動に絡んだ引き継ぎや、人間関係の柵でウンザリした平日。
気分転換も兼ねて、久々に休日ランチに行こうか~、と候補店を検索しながら
イタリアンやフレンチ、はたまた懐石?と練っていたのだが
いつもランチではなく、一捻り加えたお店を思いつき、ドライブがてら堺まで
お目当ては・・・
DSC_3422_convert_20120226131447.jpg
銀シャリ屋 げこ亭 !
「飯炊き仙人」と呼ばれるご主人がこだわりの品質の米を井戸水で炊く
ごはんが名物の定食屋です
ごはんへのこだわりが強く、6~8月の新米が出るシーズン前は
3ヶ月間の休業期間を取られるほど。
営業は9:00~売り切れる13:30くらいまでの間に毎日
21升もの米を炊き、500人前後のお客さんが来るお店としても有名です。
因みに、こちらの竃で炊いたごはんの美味しさをヒントに
象印の炊飯ジャー「極め羽釜」が開発されたそうです。(象印HP)

DSC_3423_convert_20120226131510.jpg
ずら~っと並んだおかずは見ているだけでも楽しくなります。
店内に入って左手に積んであるアルミのお盆を持って好きなおかずを選びます。
列の終点にいる店員さんにごはんと汁物(この日は粕汁・味噌汁2種類)をオーダーして
自分のお盆に載せてもらって、着席していただきます。
社員食堂のようなシステムですが、一つ違うのは後払い制なことだけ。
ごはん・汁物・漬物などは料金が壁に貼り出してあり、
おかずは角皿や丸皿など皿の形状で料金が違います。
関東煮は自分でお椀に入れるので店員のおばさんが「何個食べた?」と聞かれます(笑)
信頼で成り立つお勘定なのですね。

DSC_3424_convert_20120226131631.jpg
ワタクシセレクトの定食。自家製の漬物・筑前煮・焼き鮭・粕汁・ごはん也。
文句なしにごはんがすすむ味付けです。少し濃いめの懐かしい味わい。

DSC_3425_convert_20120226131653.jpg DSC_3426_convert_20120226131819.jpg
噂のごはんはもっちりと水分を含んで冷めても美味しい。
粘りと甘みを併せ持っていて日本人なら嫌いな人はいないはず。
あつあつを食べたかったので席を確保してから関東煮も追加で取りに走る。
セルフかつ後払いなので、自分で加減しながら献立を決められるのも嬉しい。

DSC_3427_convert_20120226131851.jpg
お連れサマセレクト。ガッツリ濃い味セレクトでごはんをお替わり!

初めてだとちょっと戸惑うこともあるが、何だか楽しかった。
社食もあまり利用しなくなり、定食屋にもあまり行かない方なので
余計に楽しかったのかも。
ごはんを堪能したい人は、おかずを漬物と汁物くらいに抑えて
ごはんをおかわり、というのが良いのかも。

「銀シャリ屋 げこ亭」
072-238-0934
大阪府堺市堺区新在家西1-1-30
9:00~売切れまで(13:30頃)
火・水休
スポンサーサイト



2012.02.27 


Secret