FC2ブログ
年末のランチネタをもう1つ。
大晦日まで仕事のために、家事に仕事に大忙しな毎日
どっちの手を抜いても、年明けに忙しくなる事は目に見えているので
それこそ師走の忙しさが骨身に堪える。
同僚の中でも仲良しさんとは誕生日だの忘年会だのと名目を見つけて集うが
そこまで仲良くは無くとも、まあそこそこ1年を一緒に過ごした感のある同僚とは
退勤後に食事に行く程の事もないが、まあお疲れサンという気持ちを込めて
ランチくらいが丁度良い距離感。
江坂にエラく美味しいフレンチができたらしい、と聞いて年末にランチ。
前回、旧ヤム邸で今年最後のランチだな~、なんて思っていたが間違いだったワン。

DSC_3213_convert_20111230221206.jpg
豊津の小学校近くに出来たフレンチ。
シンプルながら温かみのあるインテリアは真に落ち着きます。
コムシノワで修行の後、伊吹山でご夫婦で完全予約制のココット鍋料理屋さんを
経営されていたようですが、江坂に移転したそうです。
飲食店の店舗数では多いけれど、美味しいお店に巡り合う率の低い江坂に朗報ですね。

「ストーブランチ 1600円」
DSC_3215_convert_20111230221253.jpg
ランチは1600円のストーブランチ一本、の潔さ。
前菜・ストーブ鍋を使ったココット料理、パン、カフェです。
ランチのラストオーダー近くに到着したので料理は選べなかったが
通常は2種のアントレ、メイン料理から選べるようになっている。
サーモンとピクルスの前菜。旨味あるチョリソーが添えられており美味しい。
量的にも結構ですね。
あっさりとしたピクルスの酸味と爽やかな歯触りに、
程よく脂の乗った浅めのスモーク香のサーモン、
セミドライのチョリソーのスパイシーな味わいをアクセントに
バランスの良さが光る一皿。
計算し尽くされた、と言うよりは瑞々しい素材の味わいを喰むようなライヴな一品です。

「タスマニアンピーフのビール煮込みとスペッツリー」
DSC_3216_convert_20111230221312.jpg
ル・クルーゼと並び、フランス鋳物メーカーとして有名なストウブ鍋で
トロトロに煮込んだタスマニアンビーフは解れた繊維を旨味で繋いだかのよう。
形が無くなる程煮崩れるような事も無く、旨味で飽和状態。
スペッツリーなるスイス風の牛乳で練り込んだショートパスタと
素材の旨味が濃縮されたソースを絡めて食べるとボリューム満点。
じゃがいもを練り込んだもっちりとしたパンも素朴な味わい。

「コーヒー」
DSC_3217_convert_20111230221332.jpg
このコーヒーも美味しかった~
プチシューアイスをミニャとしてサービスしてもらって、
お腹一杯、連日の早起きで疲れた体が癒される、幸せなひととき。

わざとらしさのない素材の味がダイレクトに楽しめるフレンチ食堂。
これはすぐに人気店になるでしょうね~。
落ち着く空間なので休日のランチにゆったりと時間を取って
気の置けない友人と過ごしたくなるお店です。

「Le Vert Frais(ル・ヴェール・フレ)」
大阪府吹田市豊津町5-17 スリーエスマンション1F
06-6338-1414
11:30~14:00 16:00~21:30
月休
スポンサーサイト



2012.01.02 


Secret