FC2ブログ
久しぶりに天満の人気店、双龍居でワイワイと卓を囲む会
DSC_3029_convert_20111121094744.jpg
久しく行っていなかったが、改装して綺麗になっていた。
ベンチもビフォアアフターの匠が考えたような収納付きベンチ。確かに便利が良い。
人は変われど、2人単位で動く事が多い私。
中華のアラカルトだと1皿の盛りが2人にしては多いので
色々食べたいのに頭数が足らん~、と品数を減らすor結局コース料理、に成りがち。
今日は4人揃っているので好きな物がオーダーできるぞ、と。

「ピリ辛甘酢胡瓜450円」「棒棒鶏600円」「きくらげと胡瓜の冷製850円」
DSC_3032_convert_20111121094815.jpg
中華に来たら前菜を注文せにゃ!甘酢胡瓜って美味しいよね~
棒棒鶏のソースもコクがあって美味しい。キクラゲのコキュコキュとした歯触りも良い。

「フカヒレスープ 2500円」    「麻婆豆腐 700円」
DSC_3033_convert_20111121094833.jpg DSC_3034_convert_20111121094853.jpg
コラーゲン不足なのでちょい贅沢してみました
上湯スープの滋味豊かな香りと蟹・フカヒレの味わいと食感が楽しめます。
高級中華料理店でフカヒレをオーダーするのは少し勇気が要りますが
店内では他のメニューと比べると値は張る物の、価値>値段のバリュー感。
麻婆は前に何となく食べ損ねていたのだが、花椒がブンブン
片栗粉多めのネパッとした感じがあんまり好みではないな。
もう少し量が少なくても良いので薬味系の香りと歯触りが欲しい。

「小龍包 500円」  「若鶏の唐揚げ 650円」 「蟹レタス炒飯 900円」
DSC_3035_convert_20111121094926.jpg DSC_3036_convert_20111121094944.jpg DSC_3037_convert_20111121095001.jpg
小龍包は若干皮が厚め。もう少し薄い方が好みかな~?水餃子っぽい。
唐揚げは下味のハッキリとしたガツンとした男好みな仕上がり。
炒飯は脂っこかったな。家庭で作る炒飯よりも倍くらいの油を使っていると思うが。
この他にも焼き餃子や焼売を食べてお腹一杯!
日本語が達者なようなそうでないような、のご店主もお元気そうで何より。
お皿を下げに来て無表情で「アリガト」と言う姿が印象的でございました。


「中国食府 双龍居」
06-6358-8808
大阪市北区池田町10-11 辰己ビル1F
月~土 11:30~14:00  17:30~24:00
日・祝   11:30~14:00  17:30~23:00
第1・3月曜日 (祝日の場合翌日
)



スポンサーサイト



2011.11.23 


Secret