FC2ブログ
旅行が好きなので、短い休暇が取れた時はアジア旅行によく行く。
隣国、韓国には食べ物が合わないせいか一度しか行った事がないが
在韓時に美味しかったもの、と言えば鮑粥、参鶏湯、韓国冷麺が記憶に残っている。
(どれも韓国らしい辛味が薄いものばかり…アノ味が苦手なのだ。)
エアコンでキンキンに冷やした店内で、これまたキンキンに冷えたアルミの器で食べた
韓国冷麺はある意味思い出深く、印象に残っている。
日本の涼味麺と言えば、ざるそば・ぶっかけうどん、素麺なのだが
今年は私にとって冷やし麺元年とも言えるくらい、冷製麺に開眼した年なので
平壌冷麺にトライしてみる事に~
DSC_2149_convert_20110704210335.jpg
東心斎橋の一画。現地っぽい雰囲気を醸し出している店構え。
冷麺が主メニューなのだが、行き着くまでに串焼きなどをチョロッと。

「タン・ハラミ・カルビ串焼き 1360円」
DSC_2154_convert_20110704210426.jpg
1本200円程~の串焼き。まあまあ美味しい。
タンは元から苦手なので食べていないが他の串は美味しいぞよ。

「ピビンパ(スープ・キムチ付き) 800円」
DSC_2155_convert_20110704210452.jpg
スプーンを包む紙の袋も非常に現地らしい。
肉気なしなのであっさりヘルシー。
こうやってメニューを見ると日本人って肉を摂り過ぎなんじゃ?と不安になるほど。
そう言えば韓国で太っている人見てない気もする。

「冷麺 700円」
DSC_2156_convert_20110704210511.jpg
水キムチの発酵臭と酸味、牛肉で取ったスープがコクを与えていてなかなか美味しい。
麺はドングリ麺、というよりコシのある蕎麦のような感じ?とでも言うのか
緯度が同じ事から広まった盛岡冷麺を少し思い出す。
冷麺と言うと一般的に、そば粉を主体に打つ麺に冷たいスープをはった
平壌(ピョンヤン)地方発の「水冷麺(ムルレンミョン)」と
ジャガイモやサツマイモなどのデンプンを原料に作る麺に(マロニーと同じですな)
唐辛子ダレを混ぜて食べる汁なし麺、咸興(ハムン)地方の
「ピビン冷麺(ピビンネンミョン)」が有名らしい。
冷やし中華始めました、の「冷やし中華」は平壌冷麺を主体としているからか
スープたっぷりのラーメンで言う所の冷や冷や。
ピビン麺は冷麺というよりはもうその通り名で知られる事が多いと思う。

あっさりとし過ぎているので現地の人達がどんな食べ方をしているのか
気になる所だが、日本人のように焼き肉の〆に食べているのだろうか?
それとも日本人が昼ご飯にざるそばを食べるように冷麺を食べているのだろうか?

「元祖 平壌冷麺屋」
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-16-32 ビース50ビル1F
06-6245-6077
11:30~15:00 17:30~02:00(~22:00土日祝)平日
不定休


スポンサーサイト



2011.07.05 


Secret