FC2ブログ
北浜のラペティ・ロアラブッシュへ~。
DSC_0818_convert_20101024103441.jpg
箕面で長年されていたお店を譲って、北浜で開店。
行こう行こうと思いながらもついつい遅くなってようやく予約を取って行ってきました。
ディナーは6300円・8400円・10500円。
今回は6300円のディナーコースをオーダー。

「フォアグラのクラフティ」
DSC_0819_convert_20101024103511.jpg
トリュフソースの濃厚な風味とフォアグラのコク。
思わず、グラスに口を付けたくなるほどワインが進むスターター。

「毛蟹のサラダ仕立て」
DSC_0820_convert_20101024121907.jpg
パプリカのピュレやマスタードで軽やかな味わい。
ちょっと軽やかすぎてパンにもワインにも手は伸びなかった。

「パン」
DSC_0821_convert_20101024121933.jpg
自家製と思しきパンは焼きたてモチモチ。全粒粉の香りがふんわり、好みのパン。

「オマール海老と鯛のサラダ仕立て いちじくを添えて」
DSC_0822_convert_20101024121958.jpg
オマール海老の旨味はイマイチ感じられなかったが野菜の味と下仕事はさすが。
それぞれの野菜本来の食感、味わいを残すように仕上げられている。

「オマール海老のビスク 紫芋のフラン」
DSC_0823_convert_20101024122019.jpg
ビスクは魚介の旨味を見事に魅き出している。
紫芋の甘みも不思議とビスクのコクを際立たせる。

「オーストラリア産仔羊のロティ ゴルゴンゾーラのパイ包み」
DSC_0824_convert_20101024122039.jpg
こういうクラッシックな料理好きだわ~
今更ながら西洋料理って強い味には強い香り、弱い味には爽やかな香りなどで
コース全体の構成で強弱をつけるんだなぁ、と実感。
日本料理は強い味や香りは霜降りにしたり、酸味を利かせたりして
一皿の中で中和するが。
焼き加減も良く、赤ワインも進む。

「デザート 日本茶の玉露を練りこんだアイスクリームのパフェ・プティフール」
DSC_0826_convert_20101024122107.jpg DSC_0827_convert_20101024122124.jpg
京の甘味処で味わうような和スイーツに驚いた~。
結構なボリュームだが日本茶のアイスなのでスイスイ食べられる。
白玉や金時豆の甘煮も入っている。
プティフールはちんまりサイズだが手抜きなし、の本格派でバリエーションも豊富。

行き届いた接客と安定した料理で日常的に通いたくなるお店ですな。
すっごく斬新、というわけでもなくクラシカル、というわけでもない。
畏まり過ぎず、落ち着いて料理や会話を楽しむお店、という雰囲気です。
料金的にもグランメゾンとビストロの中間で相手を選ぶ気がしますが。
お祝いで家族全員揃って、という時なんか重宝しそうです。

「L'A PPETIT L'EAULA BOUCHE(ラペティ・ロアラブッシュ)」HP
スポンサーサイト



2010.10.25 


Secret