FC2ブログ
新町のフレンチ「Convivialite(コンヴィヴィアリテ)」にて休日ランチ
DSC_0829_convert_20101017163538.jpg
美味しいレストランが集中する新町界隈の公園の向かい、という好立地。
マンションの1階にあるのだが、公園の借景が庭の様でもあり
天井が低い事も手伝って一軒家フレンチのような落ち着く空間。
4000円のランチコースをオーダー。

「アミューズ 豚足と玉葱のガレット」
DSC_0831_convert_20101017163709.jpg
軟骨とゼラチン質の歯ごたえや旨味に飴色玉葱の甘みが重なって
アミューズにしてはガツンと強い味わい。早くも昼酒へと背中を押されるワタクシ。

DSC_0830_convert_20101017163617.jpg DSC_0833_convert_20101017163643.jpg
という事で急遽シャンパーニュをグラスで
パンは自家製でハーブ・くるみ・グリュイエールチーズの3種類。
パンは固くて冷めたまま・・・グスン。

「卵とフォアグラのムース」
DSC_0832_convert_20101017163733.jpg
卵の殻を使ったムースが可愛い
濃厚に香る卵の香りとフォアグラのコク、トマトの酸味が絶妙。
クロックムッシュとも相性が良い。
コレにもう1枚位のトーストとサラダでもあると贅沢な朝ご飯になるね~、と
現実的な話をしながら完食。

「蝦夷鹿のカルパッチョ トリュフと大根のソース」
DSC_0834_convert_20101017163754.jpg
今季初のジビエ薬味で和らいでいたが若干、匂いが気になったかも。
トリュフの香りはあまりしなかったが、葡萄(ナガノパープル)の甘みと
大根の辛味が効いたソースは瑞々しくて香りも良くこの料理によく合っていた。

「鱸のポワレ 魚介のリゾット添え」
DSC_0837_convert_20101017163823.jpg
塩が気持ち強かったが、絶妙な火入れ加減の鱸はとても美味しかった。
皮はサックリと香ばしく、身も表面はキツネ色中はしっとり。
リゾットは魚介の旨味たっぷりで米は少し芯を残して。
西洋人が米を野菜と捉えているのもこういうタイミングでよく理解できる。

「岩手産白金豚のアルザス風(だったか?) 3種のマスタード」
DSC_0838_convert_20101017163846.jpg
とろっとろの白金豚は柔らかく脂と身の区別がつかないほど!
我が人生で食べたどの豚より柔かくジューシーだった
ザワークラウトの豊潤な香りと柔らかな食感にむかごや銀杏、
茹で野菜を混ぜた付け合わせの彩りも綺麗。
くるみやベリーを混ぜた3種のマスタードも
甘酸っぱかったり、クリーミーだったり、爽やかだったり、と
三様に全く表情が違い、最後まで飽きがない。
どうやってこんなに豚肉を柔らかくできたのか、是非教えてほしいわ。

「いちじくのヴァリエ」        「プティ・フール」
DSC_0839_convert_20101017163936.jpg DSC_0841_convert_20101017163958.jpg
生来、プティフール好きなのでちんまりとした焼き菓子を見るだけで幸せ。
特にプチシューが角砂糖並みの大きさなのには感動。
もう小人が作ったとしか思えないわ~

お値段と内容を見比べるとすご~くお得!
メイン料理を食べ終えてすぐに、良いお店に巡り会えた!と
素直に実感できる素敵なフレンチですな。
接客も丁寧で行き届いているので、食事にも接客にも好みのうるさい
年配の人なども心配なく連れて行ける気がする。
パンだけが好みではなかった、というのが残念な所ではあるが。
きのこ料理なんか巧みに食感を残して作ってくれそうな気がするので
もう少し寒くなってからまた行こう、と。

「Convivialite(コンヴィヴィアリテ)」
大阪府大阪市西区新町1-17-17
06-6532-4880
11:30~14:00 18:00~21:00(L.O)
木休み
スポンサーサイト



2010.10.18 


Secret