FC2ブログ
雨が降りそうで降らない曇天の中、気持ちだけでも高めようと優雅にフレンチランチ
DSC_0753_convert_20100915175009.jpg
フールドアッシュの向かいのカランドリエに。
ランチは4500円・8000円・10000円の3種類のコース。
今回は4500円でオーダー。メインの肉料理のみ3種類用意されていて選択できる。

「フォアグラのクリームスープコロッケ」
DSC_0754_convert_20100915175043.jpg DSC_0756_convert_20100915175117.jpg
コチラのイニシャル的メニューのコロッケ。
期待が高すぎたのか衣が厚すぎたのか、料理自体が冷えていて少しガッカリ。
自家製のパンは皮薄め、中はモッチリで食事パンにピッタリです。

「戻り鰹のグリエ 水茄子のサラダ仕立て」
DSC_0757_convert_20100915175341.jpg
肉厚でしっかりとした身の戻り鰹と水茄子をサラダ仕立てで。
バジル・バルサミコ酢・茗荷エキスのソースで爽やかな香りと味わい。

「ソイのポワレ 3種の調理法のさつま芋を添えて」
DSC_0759_convert_20100915175404.jpg
さつま芋って結構苦手な食材なのだが、塩加減が良いのか、とても美味しかった。
ソイもあまり聞き慣れないが脂の乗った白身魚で塩加減、火入れともに絶妙。
ヴァリエにしてもそうだが、美味しいフレンチは肉料理だけでなく
魚料理も卒なく仕上げるな~、と感心してしまう。

「仔牛のブランケット」
DSC_0760_convert_20100915175423.jpg
コレが秀逸!
口に入れた途端、仔牛の柔らかな肉の弾力を感じながらも
その繊維がほどけるように、消えて行く。
フォンとクリームのソースは濃厚で奥行きを感じさせるが重たさは全くない。
シャクシャクとした食感のきのこの歯触りが良いアクセント。

「シャラン産鴨のロティ マスタードソース」
DSC_0761_convert_20100915175447.jpg
お連れさまオーダーのメイン料理。鴨の野性味が味わえる季節感漂う一皿。

「巨峰のコンポート・ソルベのフラン」
DSC_0762_convert_20100915175512.jpg
巨峰とフランの組み合わせが一見ミスマッチに思ったが
酸味と甘み、軽さと重さ、の組み合わせが妙に合っていて非常に美味しかった。

「デザートワゴン」
DSC_0763_convert_20100915175533.jpg
ワゴンのケーキを全種類選択してみた。
イチジクのクラフティ、長野県産林檎を使ったタルト、ブランマンジェ、洋梨のタルト、
ショコラケーキ、フルーツのコンポート、ナッツのバターケーキなど7種の盛り合わせ。

「エスプレッソ」
DSC_0765_convert_20100915175554.jpg
コーヒー・紅茶・エスプレッソ・ハーブティーから選択可能なのでエスプレッソを。

落ち着いた雰囲気の店内でいただくフレンチはどれもレベルが高く
メニュー構成も何と言うかドラマティックで平面的ではない。
均整の取れた良いお店でした。

「CALENDRIER(カランドリエ)」
大阪府大阪市中央区本町3-2-15 小原3ビル
06-6252-5010
11:30~14:00 18:00~21:30
月休

スポンサーサイト



2010.09.16 


Secret