FC2ブログ
せっかくなので、台湾料理のお店へ行こう!と有名店「梅子餐廰」へ~
台湾料理、と言われても小龍包(これも元々は上海料理だし)とか
屋台料理(これに至っては食べる場所…。)しか思い浮かばずピンと来ないが
素食(豆腐やグルテンで作られたベジタリアン食)や
中国福建省の料理をベースとして台湾で発展した海鮮料理、煮込み料理が特徴らしい。
いざ!
DSC_0551_convert_20100815111458.jpg
「青葉」「欣葉」と並んで日本人にも愛される「梅子」。
どうやら2店舗あるようで格安ツアーなどに組み込まれているのは南京東路店。
こちらが本店に当る林森北路店らしい。
よく某掲示板などで炎上しているのでご参考までに。

DSC_0553_convert_20100810222128.jpg
観光客や日本人サラリーマンを相手にしているので中々ツボを得た内装。
店員さんは日本語も上手で、接客も卒なくこなします。

DSC_0557_convert_20100810222202.jpg
まずはビールでプッハ~突き出しがピリ辛の味付けで美味しい~。
弾力はあるが繊維はない。鶏肉のような豆腐のような?
変わった食感だったので聞くとグルテンで作った素食でした。

「五香滷肉 NT$80×2」
DSC_0558_convert_20100815111611.jpg
トロットロに煮込まれた角煮美味しい~~。
脂身もプルンプルンでコラーゲン補充。

「蚵仔煎 NT$260」
DSC_0559_convert_20100815111639.jpg
屋台でよく見かける牡蠣入りのオムレツ。
屋台の牡蠣入りオムレツは食中毒に怯えながら恐る恐る食べるが
ココでは安心して食べられるわ~。
DSC_0561_convert_20100815111718.jpg
葱などの薬味と牡蠣を炒めて水溶き片栗粉で旨味を閉じ込めて卵でとじる。
片栗粉のもっちりとした食感とふわふわ卵の相性が良いな。家でもやってみよっと。

「蝦巻 NT$80×2」
DSC_0562_convert_20100815112327.jpg DSC_0564_convert_20100815112259.jpg
これは失敗。春巻きの具がもやし・ニラ・海老だと臭くなりますよ、という悪い例。
特にもやしが皮に包まれて揚げられてグッタリしている

「螃蟹米糕 時価」
DSC_0565_convert_20100815112408.jpg
ヴィジュアルに圧倒される一品梅子名物の蟹おこわ。

DSC_0566_convert_20100815112436.jpg
バックショットもどうぞ。

DSC_0567_convert_20100815112519.jpg
店員さんが取り分けてくれるのだが、その量が多い…。
おこわは炒め油が多いのか想像していたよりも脂っこく、量も半端なく多いので
食べ残した分はお持ち帰りさせてもらう事に。

「佛跳牆 NT$880」
DSC_0573_convert_20100815112556.jpg
日本ではぶっとびスープ、の名で知られる佛跳牆(ぶっちょうしょう)。
由来は「あまりの美味しそうな香りに修行僧ですらお寺の塀を飛び越えて来る」という
高級素材を組み合わせた滋味あふれるスープ。
フカヒレ・干し貝柱・乾燥アワビ(他にも野菜や)を使い壷で蒸し上げる。
DSC_0574_convert_20100815112823.jpg
店員さんが取り分けてくれるが次から次へと具材が出てきて
一体、何が入っているのか分からないほど複雑に旨味が広がる。
体に優しいのだけは確か。

DSC_0575_convert_20100815112850.jpg
サービスの胡麻をまぶしたお餅、で〆。

蟹おこわは量を調整できないようなので、大勢で行った方が良いかも~。
でも、名物と言われると頼んでしまうのが悲しい性ってなもんですな。
日本人向けにアレンジはしてあるが、台湾料理を心置き無く堪能できたわ。

続く(台湾旅行'10~永康刀削麺へ)
スポンサーサイト



2010.08.16 


Secret