FC2ブログ
洋食好きのお連れさま2人と一緒に予約の取りにくい洋食屋さん、泉へ~
4000円・6000円のディナーコースのうち、今回は6000円のコース也。

「するめいかとアボカドのタルタル ガーリックトースト添え」
DSC_0483_convert_20100801130321.jpg
ココのスペシャリテの1つ。
爽やかな薬味の香りと跳ね返すような弾力のするめいかの甘みをアボカドが繋ぐ。
美味しい~~
トビッコのプチプチとした歯触りも良いアクセント。

「じゃがいもの冷製スープ」      「鱧と海老のゼリー寄せ」
DSC_0484_convert_20100801130352.jpg DSC_0485_convert_20100801130412.jpg
じゃがいもの甘みが体に染み渡り、外気温の高さで上がった体温を
スッと下げるような優しいスープ。
ゼリー寄せは…ウ~ム。
他の料理と比べるとレベルが違いすぎるのでコメントは差し控えます。

「鶏肉のソテーと桃のサラダ仕立て」
DSC_0486_convert_20100801130439.jpg
鶏桃
素晴らしい火入れのジューシーな鶏肉と桃の甘みがパーフェクトなマリアージュ。

「帆立のパン粉焼き」
DSC_0487_convert_20100801130506.jpg
トマトの酸味・ガーリックの香りが帆立の甘みをグッと引き出します。

「鮎のリゾット詰め」
DSC_0488_convert_20100801130528.jpg
初夏のお楽しみ。ファルソマグロ的鮎。

「ビーフカツサンド」
DSC_0489_convert_20100801130551.jpg
〆はやっぱりコレ!
カリッと香ばしく焼いたルビアンの食パンに柔らかなビーフカツ。
パンとビーフカツを重ねてから、オーブンでもう一度温めて切り分ける。
家では絶対にしない手間ひま。頭が下がります。

「オムライス」
DSC_0490_convert_20100801130615.jpg
シェフがお皿を揺すった時にブルンと崩れる卵の演出には、お連れ様達も目が釘付け。

「クレームブリュレ」
DSC_0491_convert_20100801130636.jpg
お腹いっぱい…

初訪問のお連れ様も大満足、の様子で私も安心するやら嬉しいやら。
自分のセレクトしたお店がビンゴ!の時って何でこんなに気分がいいんでしょ?

暑くなって洋食系って敬遠しがちで、現に行くまでは心配だったが
泉さんは魚介系でメニューが構成されているので大丈夫でしたわ~。

「洋食 泉」
06-6457-0888
大阪市福島区福島7丁目5-16 聖天通り内
17:30~22:00
日休
スポンサーサイト



2010.08.02 


Secret