FC2ブログ
うどん楽々~たま木亭、と粉モンを食べたり買ったりで喉がカラカラに。
「宇治にお茶でも飲みに行こっか」とお茶を求めて車を走らせる。
お茶処が近くなのにペットボトルのお茶を飲みながら帰るのも侘しいので
喉の渇きに耐え忍びながらひたすら運転。もうエコノミー症候群寸前デスよ。
DSC_0215_convert_20100609171036.jpg
せっかくなら有名店へ、で中村藤吉本店へ。老舗らしい門構え。
寄ったはいいが、満席のため1時間待ちで敢えなく撃沈。そんな体力は残っていません。
DSC_0216_convert_20100609171101.jpg DSC_0221_convert_20100609171131.jpg
銘木の黒松「宝来舟松」を恨めしく愛でつつ、とりあえず軌跡として
季節限定の「新茶ゼリー」と「生茶ゼリー」水出し用の煎茶「中村茶」をお買い上げ。

近くにもう一軒お茶屋さんがあるはず、と「伊藤久右衛門本店」へ移動。
DSC_0217_convert_20100609171154.jpg
改装を重ねているためか、味気ない鉄筋の建物でガッカリ
さっきの中村藤吉の門構えと比べると特にそう感じる。
茶房の待ち時間が少ないので少し待って待望のお茶の時間をば。

「宇治抹茶パフェ 630円」
DSC_0218_convert_20100609171216.jpg
お連れ様のオーダー。
抹茶の品の良いほろ苦さと小豆の甘み、白玉のもっちりとした食感が合わさり美味しい。
現代風の和風スイーツって若干抵抗があるのだが、食べると結構美味しいものですな。

「冷茶と抹茶大福のセット 577円」
DSC_0219_convert_20100609171243.jpg
お茶、美味しい~
水出し茶独特の苦みの奥に感じるかすかな甘さ。
喉に流し込むと体の隅々の細胞に染み渡る。
抹茶大福は流行スイーツ然としたふんわりモッチリな食感。
とにかく、喉が渇いているのでスイーツよりお茶、お茶。

普段、大阪市内から京都市内へ行く事は多いが、宇治って通過するだけで
散策したのは初めてだったが中々楽しめた。
何よりもお茶が美味しいのが良いわ~。
今度は平日に中村藤吉でお茶を飲むぞ~~

「中村藤吉本店」HP
「伊藤久右衛門本店」HP
スポンサーサイト



2010.06.17 


Secret