FC2ブログ
年の瀬恒例の忘年会。
今年はヒルトンプラザイーストの大阪聘珍樓へ~��
DSC00781_convert_20091229174911.jpg DSC00782_convert_20091229174941.jpg
店入り口はそうでもないが、内装は何だかマトリックス~(ちと、古いが。)
DSC00783_convert_20091229175003_20091229175709.jpg
今回は「松鶴之宴」13680円のコース也~。

「突き出し」
DSC00784_convert_20091229175021.jpg
豚ロース肉を重ねて葱油で仕上げた、と言っていたような・・・。
冷えた豚まんのような味、ってボキャブラリーが貧困����

「前菜の盛り合わせ」
DSC00785_convert_20091229175043.jpg
美味し�G���������͂��Ă�������八角がよく効いた豚バラ肉やくらげなど。
中華は前菜で善し悪しが分かる、は名言だな。

「気仙沼産小フカヒレの姿煮こみ 陶板のせ」
DSC00786_convert_20091229175109.jpg
フカヒレって味付け難しいと思う料理の第一位かも。
コチラのは若干酸味が立ってあんまり好みではなかったが
他店だと甘かったり塩っぽかったり。
何が正解か、さっぱり分からん。

「北京ダック」
DSC00788_convert_20091229175132.jpg
ここで北京ダックが焼き上がってチラリ姿見せ~���Ђ�
しかし、茶色いものって上手に映らんな~、チョコレートとかもそうだけどさ。

「鮑と五目入り湯葉巻きの牡蠣ソース煮」
DSC00789_convert_20091229175207.jpg
とろりとしたコクのあるソースが美味しい。

「本格窯焼き北京ダック」
DSC00790_convert_20091229175232.jpg
先ほどの北京ダックが登場~。
厚めに、と言うのをいつも言い忘れるので皮だけ。
いつも「いつも言い忘れるよね~」と言いながらまた忘れる。

「帆立貝柱の海老すり身のせ蒸し」
DSC00791_convert_20091229175256.jpg
淡白な素材の味を引き出した一品だが
コース料理のメインにはちと弱いので・・・点心を追加でいろいろと注文~��܂�
DSC00792_convert_20091229175326.jpg DSC00794_convert_20091229175345.jpg
定番ものに旬の素材(きのこなど)を取り入れていて満足。
現地のように生姜の千切りが欲しいところ。

「デザート 栗のプリン」
DSC00796_convert_20091229175407.jpg
美味しい~~����
ねっとりと濃厚な栗の風味が楽しめるデザート。

中華の忘年会は珍しいことなのだが中々楽しかった。
紹興酒が好きなので久しぶりに飲めて幸せ。
やっぱ古越龍山に限るよね���t
スポンサーサイト



2009.12.30 


Secret