FC2ブログ
前から食べてみたかった天丼目当てにまたまた京都へ~。
ten-yu1
日本屈指の高級旅館「俵屋旅館」のプロデュースする
天麩羅屋「点邑」です~%93V%98%A5

「点心天ぷらどんぶり 3990円」ー小鉢3品と天丼、デザートのコース。

「蛤とわけぎのぬた」
ten-yu2
ふむ、上品な味付けざます%83l%83M
あまりに上品過ぎてお料理の輪郭がぼやけているような…
まあスターターなのでこんなものか、な?

「稚鮎と新玉葱の南蛮漬け」
ten-yu3
薄切りの新玉葱の下から覗く鮎が可愛らしい。
カリッと揚がっていて自然と天丼への期待も高まります。

「すっぽんの茶碗蒸し」
ten-yu4
すっぽんを使っているからか生姜が利いている。
体が温まります%89%B9%95%84%82P

「天ぷら丼と蜆の赤出し、お漬物」
ten-yu5
%83n%81%5B%83g%83u%83%8C%83C%83N冷えとる~%83A%83f%83%8A%81%5B%83y%83%93%83M%83%93
厨房が2Fで食事をしていた座敷が3Fだったからか
盛りつけに時間が掛かったからかは不明だけれど…
しか~し!丼のみあらず蜆の赤出しが驚くほど冷たい%97%E2%91%A0%8C%C9
厨房でタイミングがズレたのか?…にしてもズレ過ぎ!
しかも天丼の出汁も味付けが薄く中途半端。
御飯をかき込む予定にもしていなかったが
これでは食が進みませぬ…。
年配客や観光客が多いから「京都らしさ」を過剰演出したのかな?
これは天丼ではなく「上品丼」ですな%8F%E9

「デザート 苺のジュレ」
ten-yu7
オリジナルの器が可愛い。

ten-yu8
大粒の苺%83C%83%60%83S味もよろし。

打ちっぱなしのコンクリートのエクステリアに
モダンジャポニズムをベースにアフリカンバティックやバリニーズを合わせた
不思議なインテリア。あんまり好みではない、な。
ten-yu9

何というか、こういう無機質な空間で食事をするの自体が好きではない、かも。
料理も俵屋旅館プロデュースの天麩羅屋さんだから許されるものの
味だけで勝負、となると再訪は難しい。
高級志向のオバ様を案内するには良いかもしれないが
やっぱり美味しいものを紹介したいのでパス、だな。

「点邑」
スポンサーサイト



2009.04.09 


Secret