FC2ブログ
もう10余年あまり前、おませな中学生時代の私が
「大人になったらこんな雑誌に載っているお店を食べ歩くんだぁ~」と
よく買っていたグルメ雑誌で見た「大西亭」。
当時は福島にお店があったが、ご縁が無く未訪問のまま移転。
移転に伴ってちらほらと他所様のブログ記事で眺めているうちに
居たたまれず、急予約急発進。
DSC_3639_convert_20120418230304.jpg
長屋の一角からいい匂い。隠れ家的、というか隠れ過ぎというか。
なかなか見つけ辛いが、日本の下町の情景にも上手く溶け込んでいる。

DSC_3640_convert_20120418230337.jpg DSC_3641_convert_20120418230401.jpg
ディネのコース料金は3500円がベース。お手頃。
プリフィクスなので自分で組み合わせられるのも嬉しい。
アミューズのリエットも美味しいな、と。

「パテ・ド・カンパーニュ」
DSC_3643_convert_20120418230432.jpg
まさか!の大きさ。ランチならこの一皿で事足りそうな。
ジュの旨味たっぷり。一度冷えてより芳香を増した感。
肉々しくてワインが進む進む。

「前菜盛り合わせ(+500円)」
DSC_3644_convert_20120418230541.jpg
「量が多いですよ~」と商売っ気のない忠告の通り凄まじいボリューム。
トマトは大サイズです。フルティカ種ではございません。
その辺のランチ超えのたっぷりの食べ応え。豪快前菜。

「スズキのポワレ」
DSC_3647_convert_20120418230628.jpg
正月にしか見ないようなブロックの魚に塩・こしょうをし始めたと思ったら
我がテーブルにサーブされて来たので驚いた。
レンズ豆のザラッとしたコクと魚、ブルーチーズが驚くほど合う。
めちゃ美味しい!また食べたい!!!

「オマール海老とフォアグラのちりめんキャベツ包み焼き(+1000円)」
DSC_3649_convert_20120418230704.jpg
オマール大好き!でオーダーしたが包み焼きの芯にちんまり。
オマールやフォアグラより主張する周りのポークの脂がちと苦手だわん。
私には若干脂っこかった。

DSC_3650_convert_20120418230743.jpg
2人で食べて飲んで13000円弱?くらいだったのでコスパ良好!
初めて行ったのに懐かしいような、落ち着くお店。
これは通ってしまいそうな・・・。

「大西亭」
大阪府大阪市福島区鷺洲1-9-18
06-6451-0740
11:30~13:30 18:00~21:00
月・第3日曜休
スポンサーサイト

2012.04.30 
勤め人には難易度高い目シリーズ第2弾、北浜の丁子。
営業時間が平日の11:30~15:00なので、平日のお休みにしか行けん
しかも和レーは初めてなのでワクワク。
DSC_3654_convert_20120420071033.jpg

「合いがけ(激辛チキンキーマ・ビーフ) 800円」
DSC_3655_convert_20120420071059.jpg
ビーフは揚げさんやネギが入っていて、カレーライスと言うよりは
うどん屋で出てくるカレーうどんの出汁のような和風でカレー丼のような印象。
激辛チキンキーマは鶏そぼろのスパイス炒め、といった感じで
口の周りがヒリヒリするようなドライカレー。
これをヒントに家で何か創作してみましょう。

「本日のスペシャル(ほうれん草カレー クリームチキン添え) 900円」
DSC_3658_convert_20120420071121.jpg
ほうれん草のエグみがなかなかに強敵なクリーミーカレー。
クリームチキンは口の中でほろほろとほどけるような柔らかさ。
カレー自体はマイルドな辛みだが、もう少しほうれん草に競合する味か
歯触りを加えたほうが美味しくなるんじゃなかろうか?

元々はバー?のようなカウンターとソファだけの10席弱ほどの小バコ。
女性店主の手入れが行き届いているのか、シンプルかつ清潔なスッキリとした空間。
辛さに強い人におススメ~。

「和レー屋 丁子」
大阪市中央区東高麗橋5-3 双葉ビル2F
06-6941-2006
11:30~15:00
土・日・祝休

2012.04.20 
営業時間が平日の昼間のみ、のハードルの高いカレー屋って何店舗かある。
その内の1つ、白銀亭も前から行ってみたかったが、なかなか行けずにいた一軒。

「ほうれん草カレー 850円」
2012-04-11+14_28_42_convert_20120411170334.jpg
辛口カレー専門店の看板は伊達じゃない、というカイエンヌペッパーが効いた味わい。
ほうれん草はたっぷりと入っているが、茹でて手早くカレールーと
合わせているので、彩りも綺麗。
ドロッと辛味の強いシンプルな家カレーの延長線上にある。
色の薄めな福神漬けと甘酢玉ねぎが清涼感を与えます。
辛めのインディアンカレーのように万人受けするのかも。
甘みとスパイシーな香辛料が楽しめるが、もう少し個性的なカレーが好きかな。

「白銀亭」
大阪市中央区淡路町4-4-12 ダイドーメゾン大阪御堂筋
06-7654-1067
月~金11:30~16:00(土曜日は~14:00)
日休

2012.04.12 
大阪人なら(純血種ではないが)定期的に食べたくなるお好み焼き。
今日も新規開拓にフラフラ。
昔から好きな天神橋の双月、ちょっと遠いが豊中のAT THE 21は別格だが
タイプは違えどハズレのない食べ物なので、気軽にお試し出来る所も良いわ。
DSC_3475_convert_20120327053222.jpg DSC_3474_convert_20120327053742.jpg
ミナミの千日前通りから一本北にあるディープエリア。
小さなお店が軒を連ねる。大阪に住んでいても知らない場所ってまだまだあるんだな~。
とりあえず、ビール続いて、ミックス焼きと豚モダンをオーダー。

「ミックス焼き 1100円・豚モダン 900円」
DSC_3469_convert_20120327053310.jpg
うわ~可愛い~~お兄さんが気分によって書いてくれるマヨアート。

DSC_3472_convert_20120327053329.jpg DSC_3473_convert_20120327053356.jpg
お好みのタネは水分多め、キャベツみじんの昔ながらの味わい。
味より何より、マヨアートラブ~。
絵柄指定などリクエストには応じられないようだが観光客にウケる事間違いなし!

「おかる」
大阪市中央区千日前1-9-19
06-6211-0985
12:00~15:00 17:00~22:30
木休

2012.04.10 
社用で平日の難波をウロウロ。
ランチ営業をちと過ぎているので難民となり徘徊していたのだが
通し営業しているお店を発見!
DSC_3502_convert_20120327053121.jpg
言わずもがな、の大阪らしい老舗洋食「はり重」。
精肉屋のイメージと大丸心斎橋店のミンチカツでのみ知っているが
あとは大阪のランドマークとしてのみそびえ立っているイメージ。
カレーでも食べてみるか、と入ったが気になるメニューに浮気。

「はり重ライス 750円」
DSC_3500_convert_20120327053146.jpg
母親が作るピラフのような賑やかさ。
海老・マッシュルーム・玉ねぎ・人参・ロースハム・・・ともうごちゃ混ぜ。
ところが、そこそこ良い素材を使っているためか、嫌な雑味がない。
繁華街のレトロな空間で食べるのに丁度良い、垢抜けなさとでも言うのか
昔の日本人から見た「洋食」。妙に懐かしく美味しい。

今では炒飯はシンプルに、2~3種の具材で炒め合わせるのが美味しく感じるが
実家に居た頃は土曜日にとんでもなく多品目の炒飯が用意されていた事を思い出す。
あの時はインコの餌のような妙な彩りの炒飯が嫌いだったが
好き嫌いを無くすように、との母の思いがあったんだな~。

「はり重グリル」
大阪府大阪市中央区道頓堀1-9-17
06-6211-5357
11:30~20:40
火休

2012.04.09 
久しぶりに平日の北新地でぶらぶら。
前に雑誌で見たうな玉丼が気になったので大阪の名店
「かが万」の系列店「ふくのや」へ~。
DSC_0002_convert_20120314015915.jpg
清潔感のある店構えはさすが。

「うな玉丼 2200円」
DSC_0005_convert_20120314015940.jpg
メニューを見て驚愕!鰻の高騰から前に雑誌で見たときは1000円だった
うな玉丼が2200円に値上がり!
サクッとしたランチを予定していただけに予想外のお値段。
後には引けない性質なのでオーダーしたが、この値段を出すんだったら
丼物よりフレンチ・イタリアンのミニコースを食べたな。
1000円だとお値打ちだが、このお値段だとちと貧相に感じる。
卵焼き3切れに鰻半身くらい?
卵の出汁も鰻の蒲焼きタレもどちらかと言うと薄め。
香の物・赤出汁のアシストがなかったら御飯食いではない私には辛かったかも。
ごはんの炊き具合はさすがにタレが絡む少し硬めで好みだったけれど。
鰻の価格が安定していたらコスパ良好なんでしょうね~。

「ふくのや」
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-11
06-6341-2908
11:30~13:15 17:00~22:00
日・祝休

2012.04.07