FC2ブログ
4月に来る人事異動に絡んだ引き継ぎや、人間関係の柵でウンザリした平日。
気分転換も兼ねて、久々に休日ランチに行こうか~、と候補店を検索しながら
イタリアンやフレンチ、はたまた懐石?と練っていたのだが
いつもランチではなく、一捻り加えたお店を思いつき、ドライブがてら堺まで
お目当ては・・・
DSC_3422_convert_20120226131447.jpg
銀シャリ屋 げこ亭 !
「飯炊き仙人」と呼ばれるご主人がこだわりの品質の米を井戸水で炊く
ごはんが名物の定食屋です
ごはんへのこだわりが強く、6~8月の新米が出るシーズン前は
3ヶ月間の休業期間を取られるほど。
営業は9:00~売り切れる13:30くらいまでの間に毎日
21升もの米を炊き、500人前後のお客さんが来るお店としても有名です。
因みに、こちらの竃で炊いたごはんの美味しさをヒントに
象印の炊飯ジャー「極め羽釜」が開発されたそうです。(象印HP)

DSC_3423_convert_20120226131510.jpg
ずら~っと並んだおかずは見ているだけでも楽しくなります。
店内に入って左手に積んであるアルミのお盆を持って好きなおかずを選びます。
列の終点にいる店員さんにごはんと汁物(この日は粕汁・味噌汁2種類)をオーダーして
自分のお盆に載せてもらって、着席していただきます。
社員食堂のようなシステムですが、一つ違うのは後払い制なことだけ。
ごはん・汁物・漬物などは料金が壁に貼り出してあり、
おかずは角皿や丸皿など皿の形状で料金が違います。
関東煮は自分でお椀に入れるので店員のおばさんが「何個食べた?」と聞かれます(笑)
信頼で成り立つお勘定なのですね。

DSC_3424_convert_20120226131631.jpg
ワタクシセレクトの定食。自家製の漬物・筑前煮・焼き鮭・粕汁・ごはん也。
文句なしにごはんがすすむ味付けです。少し濃いめの懐かしい味わい。

DSC_3425_convert_20120226131653.jpg DSC_3426_convert_20120226131819.jpg
噂のごはんはもっちりと水分を含んで冷めても美味しい。
粘りと甘みを併せ持っていて日本人なら嫌いな人はいないはず。
あつあつを食べたかったので席を確保してから関東煮も追加で取りに走る。
セルフかつ後払いなので、自分で加減しながら献立を決められるのも嬉しい。

DSC_3427_convert_20120226131851.jpg
お連れサマセレクト。ガッツリ濃い味セレクトでごはんをお替わり!

初めてだとちょっと戸惑うこともあるが、何だか楽しかった。
社食もあまり利用しなくなり、定食屋にもあまり行かない方なので
余計に楽しかったのかも。
ごはんを堪能したい人は、おかずを漬物と汁物くらいに抑えて
ごはんをおかわり、というのが良いのかも。

「銀シャリ屋 げこ亭」
072-238-0934
大阪府堺市堺区新在家西1-1-30
9:00~売切れまで(13:30頃)
火・水休
スポンサーサイト

2012.02.27 
以前は崎山ビルで営業されていたそうだが
大正12年建築のレトロビルの老朽化に伴い、移転をされたそう。
移転前から含めると足掛け30年、という大阪では老舗格のイタリアン。
DSC_3415_convert_20120223084339.jpg
レトロな外観。クラシカルでいてモダン。
こういう雰囲気が大好きな私にとっては何だか良い予感。
DSC_3417_convert_20120223084435.jpg DSC_3416_convert_20120223084415.jpg
インテリアも文学サロンのようなレトロモダンかつ妖しい雰囲気。
余談だが店名オピウムも阿片の意味を持つ。何だかアブサンでも出てきそうな。
ランチメニューはパスタ2種類を中心にPranzoA~Dまで4種類から構成されている。
前菜やカフェも組み替え自由のようなので自分の好きなメニューを楽しめる。
最近、野菜不足なのでサラダ・スープ両方食べたかったので
PranzoA850円(本日サラダor本日のスープ+本日のパスタ+自家製パン)に
100円追加してセミオーダー。
PranzoCが一番近いのだがデザート3種盛りがいらないな、という気分だったので。
こういうリクエストに応えてくれるのも嬉しい。

「本日のサラダ・スープ・自家製パン」
DSC_3420_convert_20120223084459.jpg
本日のスープはミネストローネ。優しい味付け。
本日のサラダはコッパとグリーンサラダ。紅蕪(?)のピュレの
彩りも美しく味わいも爽やか。
自家製パンは食パンのように柔らかであまり類を見ない。

「揚げ茄子のトマトソーススパゲッティ」
DSC_3421_convert_20120223084518.jpg
盛りは家庭的…というか愛嬌あるが、味わいはトマトの旨味を強調した
控えめの塩加減で、余分な味付けをせずシンプルな一皿。
アツアツなのもポイント高い。

ハッと驚くような美味しい発見!と言うよりは落ち着く味わいと雰囲気。
ビジネス街でサラリーマンが足繁く通うのも納得行く。
~14:30ラストオーダーというのも非常に便利。
日替わりのランチメニューは毎日HPにUPされているのも嬉しい。
店舗前に張り出しているメニューを見て、
「好みのパスタが一つもない!」という絶望も回避できる。
常連さんらしき人が移転を喜んでいた姿が印象的な愛されるイタリアン。
行ってみる価値あり!の一店です。

「OPIUM」HP

2012.02.23 
久々にイタリアンランチを求めて、街をブラブラ。
大好きなイタリアン、トレ・ルマーケがランチ営業を辞めてしまったので
こういう時に行く宛を失ってしまったのだ。
中央区役所裏手に最近できたイタリアンに思いつきで寄ってみる事に。
DSC_3379_convert_20120215224446.jpg
ビジネス街らしく賑やかな雰囲気のする気さくな店構え。
DSC_3380_convert_20120215224557.jpg DSC_3381_convert_20120215224616.jpg
ランチは2種類。メインの有無で分かれている。パスタランチのAをチョイス。
魚料理を得手とするお店のようなのでマルアジと小松菜のトマトソースに。
オイルベースよりトマトベースが好きな事も勿論あるが。

前菜                 パン
DSC_3382_convert_20120215224641.jpg DSC_3383_convert_20120215224658.jpg
ウ~~ン・・・。前菜は残り物をソテーして盛りつけただけのような
物悲しい仕上がり。これだともう潔くサラダだけの方がいいんぢゃないのかな?
パンはバゲットは52丁目ベーカリーの卸しだけにさすがに美味しい。
フォカッチャは塩控えめの自家製。もう少し塩が効いている方が好み。

パスタ
DSC_3384_convert_20120215224717.jpg
具材が悲しい程に少ないパスタ。あと100円上げて1000円にしても許すので
もう少し具を入れてください、と嘆願書を書こうか悩み中。いや、出さないけど。
具材も然ることながら、オリーブオイルも足りないのか色艶が悪い。
出て来た瞬間から、ちょっとお疲れな感じのパスタってな感じ。
ピチピチとフレッシュで今が食べ頃よ~、って感じではない。
シャワーを浴びても水滴を弾かない弛んだ肌のような質感だった。
私もこうなるのか、いや、もうなっとるのか?何せ年頃の女子を脅かす存在感。コワい。

エスプレッソ
DSC_3387_convert_20120215224735.jpg
偶然にも食べに行った日がバレンタインだったので
サービスでチョコレート菓子をもらった。ありがとうございます。

少し期待していたのだが、ビジネス街のイタリアンランチって
速さに重きを置いているからか、気合いの入った美味しいのに当たらない。
席間にしてもそれは言えているかも。
今度は久しぶりに平日のBOCCIOに行ってみようかしらん。

gita
大阪府大阪市中央区久太郎町1-2-16
06-6262-9851
11:30~14:30 18:00~23:00
日休

2012.02.16 
1月22日はカレーの日。
学校給食で初めてカレーが出された日から制定されたとか。
じゃあ久しぶりにカレーでも食べに行こうか、と食べログで検索して
気になる所をピックアップ。
その中から、気兼ねなく手軽に食べられそうな雰囲気のインド料理屋をセレクト。

DSC_3311_convert_20120129183913.jpg DSC_3314_convert_20120129184102.jpg
日本橋のとある雑居ビルの中にある。
その隠れ家的、というより雑多な雰囲気が現地さながら。
インド映画の映像を横目にビールをぐびり。海外旅行に来たかのよう。
ディナーのミールも1200円~と非常にお得。
ワタクシは南インドセット、お連れサマはターリーセットをオーダー。
カレーは20種類程あるカレーから2種類選べる。
他のお店ではセットのカレーはこちらの種類から、と制限があるが
マトン、チキン、フィッシュ、など豊かな選択肢。

「盛り合わせ」
DSC_3316_convert_20120129184131.jpg
双方のセットについてくるタンドリー・ケバブが別盛りで先に。
塩っぱすぎず、スパイシー。なので自動的にビールの杯が進む。

「南インドセット 1700円」
DSC_3323_convert_20120129184212.jpg
ボリュームたっぷり!
ライスもナンもオーダーしたカレー2種(チキンとベジタブル)、
+なぜかもう1種類のカレーがついてくる。
ライスはナッツ炒めになっているので、もうお腹一杯すぎて・・・
もうダメ意識朦朧。

「ターリーセット 1800円」
DSC_3319_convert_20120129184247.jpg
サラダもカレーもヨーグルトもてんこ盛り。
このステンレス製の器って結構容量あるのね。

インド料理屋って何だかんだで割高、というイメージがあるが
ココは驚愕のコストパフォーマンス。
女性は一番安い1200円のセットで十分かも。
味は文句ないし、おススメです。

「インド家庭料理 シンズ・キッチン」HP

2012.02.06