FC2ブログ
美味しいと評判のイタリアンへランチのために寄り道。
平日の遅出なので、皆が働いている時に自分だけ美味しいものを食べている事に
罪悪感をほんのちょっぴりだけ感じつつ…
社用携帯が今に鳴るのではないか、とスリリングなランチ。
DSC_2932_convert_20111026005413.jpg DSC_2931_convert_20111026005437.jpg
堺筋本町、というビジネス街にカジュアルイタリアンにしては中々の店構え。
パスタランチ900円をオーダー。この価格帯でパスタを3種から選べるのも嬉しい。

DSC_2923_convert_20111026005523.jpg DSC_2924_convert_20111026005548.jpg
天井が高く、太陽の陽射しも良く入る大きな窓も一枚板で立派。
お洒落過ぎず、どこか懐かしくも洗練されている趣味の良い空間。雰囲気良し。
本日の前菜はたっぷりのグリーンサラダと梨のサラダ仕立て。
見た目はポテトだが食べてみると瑞々しく甘みのある梨とパンチェッタのマリネ。
組み合わせの妙。パンチェッタの塩気と梨って意外に合う。

DSC_2926_convert_20111026005619.jpg
パンはシゲヒロかな~?パリッと焼いていてあっつあつ。

「魚介と小松菜のトマトソース」
DSC_2927_convert_20111026005647.jpg
魚介とトマトソースのパスタが大好きなのでオーダー。
全体的に塩気が強く、全部食べ切るにはクドく感じる。
魚介はあさりやら鯛やらがたっぷり。
ランチ用に仕入れた、というよりは食材を上手く利用して回す店に優しいメニュー。
パスタランチのメインを張る料理としては一般的で普通、と感じられる。

DSC_2928_convert_20111026005716.jpg DSC_2930_convert_20111026005737.jpg
お連れサマのオーダーしたベーコンと茄子のオイルベースパスタはハズレ。
完全にリアルな賄い飯。家でも週一回程度パスタを作るが
パスタ好きなので冷蔵庫のお掃除を兼ねた五目パスタは作らない主義。
そんな私からすると、運ばれて来た瞬間から分かるハズレ具合。
オイルベースは乳化したオリーブオイルのソースがパスタと絡んでいないと、ね。
手の込んだイタリアン風変わり焼きそば、と言った方がよいな。
デザートはガトーショコラ。エスプレッソは美味しかった。

非常に落ち着いた雰囲気の良い空間なので、
その空気感に見合った料理を期待していたのだが
支払う料金と同等の料理、という中の中の結果。
価値<値段、というレストランは論外として書き記すものとするが
コスパが低価格であるのなら、チェーン店でヨロし。
コスパ=安いと感じることであって、お店からすると安いとお客さんに感じさせる事。
安い、というのは価値>値段なので1万円のランチであろうがコスパの良し悪しはある。
好きな雰囲気なのでちょっと辛口だが、今後に期待するとともに
定期的に巡回したいお店だな~。

Restaurant Mitsuyama (レストラン ミツヤマ)
06-6263-0328
大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-1-11
11:30~14:30(L.O) 17:30~22:00(L.O)
日・祝日の月休
スポンサーサイト

2011.10.27 
普段あまり足を踏み入れない西成区。
美味しい洋食屋さんやお寿司屋さんも行ってみたい所が目白押し。
ビギナーズは美味しいと有名なお好み焼き屋さんで、まずご様子伺い。
DSC_2894_convert_20111023213327.jpg
こってこての下町らしいお好み焼き屋さんを予想していたが意外にも小綺麗な外観。

DSC_2896_convert_20111023213415_20111023214229.jpg
休日の昼下がり、と言えば下地のビール。なかなか良い画像でしょ?

「豚ロール 830円」
DSC_2901_convert_20111023213457.jpg
シンプルな豚平焼き。人気商品らしいがシンプルすぎる。
マヨネーズも多くクドくなりがち。

「ミックス焼きそば 1130円」
DSC_2903_convert_20111023213642.jpg
文句なしの具材の多さ。キャベツも大きめのカット。

「お好み焼きイカ玉 770円」
DSC_2906_convert_20111023213733.jpg
お好み焼きはイカに限るわさ.イカの弾力と生地の柔らかさ。堪りません。

DSC_2904_convert_20111023213925.jpg DSC_2907_convert_20111023213950.jpg
お色直し後(ソース・鰹節・青海苔・紅生姜)は食欲の湧くビジュアルに。
お腹いっぱいになるわ~。
思っていた下町お好み焼き屋ではなく少しハイクラスな感じもなかなか良い。
また、行こうかしら~。

「象屋」
大阪府大阪市西成区玉出西2-7-10
06-6657-1616
平日:17:00~23:00 日祝:15:00~23:00
月休

2011.10.24 
日頃の錆落としのためにリッツで優雅にステイ
DSC_2852_convert_20111016142958.jpg
クラブフロアに滞在のため、チェックインもクラブラウンジで。

R0010637_convert_20111016143824.jpg
落ち着いたピンク~ベージュの部屋。好きな色合わせ。
大阪のホテルのインテリアの中では一番好き。

R0010641_convert_20111016143927.jpg R0010642_convert_20111016144006.jpg
ダブルシンクは使いやすい。バスルームもゴージャス。

R0010644_convert_20111016143202.jpg R0010645_convert_20111016144028.jpg
Aspreyのアメニティ。リヨンもきっちり整列。

R0010650_convert_20111016143334.jpg
クラブラウンジでナイトキャップを楽しんでいる頃にターンダウンサービス終了。
お部屋にお茶菓子が置かれているのも楽しみの一つ。
リッツのチョコチップクッキーって美味しいんだよね~、と食べ物に囲まれた1日。
大体1年に1度来ているが、近場で優雅な気持ちになれる良いホテル。
泊まる度にサービスが何か改良されている、という良い変化が見られるのも一流ならでは。
また、来年も日々の暮らしで擦り減った身体と気持ちを癒しに来よう、と。

2011.10.17 
北摂では有名なラ・ミア・クッチーナ笠井でディナー。
通学路近くにあったので親しみはあるのだが、未だ一度も行った事がなかった。
北摂まで出かけて来ても車なのでサクッと麺類を食べて帰る事が多いのだが
会社の同僚と行く事になり、期待はしていないもののちょっと楽しみ~
DSC_2828_convert_20111009085714_convert_20111009085755.jpg
テレビや雑誌でも露出の多いシェフなので派手な店舗を想像していたが
阪急豊中駅裏の雰囲気のある路地に佇む落ち着いた感じの外観。
半地下の店舗って大阪では珍しいな~。
ディナーも取り分けなしの大皿サーブで2940円~、とリーズナブルな価格設定。
イタリアンでディナーというとコースで5000円~、カジュアルなトラットリアでも
アラカルトだと案外高くついて2人でアレ?という金額を払う事が多いだけに
拍子抜けする程お手頃だわ。
バーニャカウダ・アンティパストミスト・セコンド・メイン、の4200円コースを。

「菜園からのお野菜のバーニャ・カウダ」「アンティパストミスト」
DSC_2820_convert_20111009085149.jpg DSC_2821_convert_20111009085324.jpg
バーニャ・カウダ自体があんまり好きではないので感想はあまりないが
前菜の盛りもなかなか良い。カジュアルなイタリアンの前菜ってオリーブオイルと
ハーブ・塩・こしょう・バルサミコ酢・トマトの組み合わせで構成しているので
特に驚くような事もないんだな。
素材はなかなか良かったように記憶している。鯛のカルパッチョは美味しかった。

「フェットチーネ ボロネーゼ」
DSC_2822_convert_20111009085400.jpg
手打ちのもっちりとしたパスタに肉のコクと旨味が絡んで美味しい。
ボロネーゼソースの煮込み具合も程よい。

「シャラン産鴨の胸肉のタリアータ サラダ添え」
DSC_2825_convert_20111009085429.jpg
これは火入れがあまりよくないせいか固かった。
肉の特性を活かした弾力、と言われればそれまでだが強火でジャジャッとやっつけた感。
弱火でじっくりロゼに、なんてこの値段では贅沢言えんか。

「デザート」
DSC_2826_convert_20111009085458.jpg
ティラミスやソルベなども意外とイケる。

失礼ながら、あんまり期待していなかったが良いお店、という印象。
コスパ・接客を含めて本当の意味での適正価格。
女子会には最適のお店でしょうね~。近くに寄ったらまた行きます。

ラ・ミア・クッチーナ笠井HP

2011.10.10 
前から行ってみたかった具沢山サンドイッチ専門店。堺筋本町へ立寄ついでにランチ。
DSC_2833_convert_20111005164621.jpg DSC_2834_convert_20111005164652.jpg
朝はモーニングを求めてスーツのオジさまが、昼は周辺オフィスからOLさんが
文庫本やスケジュール帳を片手に憩いを求めてやってくる。
昔ながらの喫茶店のような雰囲気で妙に落ち着く。
DSC_2836_convert_20111005164812.jpg DSC_2837_convert_20111005164832.jpg
サンドイッチをオーダーするとドリンクもセットになっている。
コスパが高いのも人気の理由かな?

「海老カツサンドセット 800円」
DSC_2838_convert_20111005164948.jpg
パンはそのままか焼きか聞いてくれるので焼き(トースト)でオーダー。
野菜・海老カツ・タルタルソースがたっぷりのサンドイッチはかぶりつくだけで幸せ。
付け合わせのカルビーポテトチップスの塩気もナイスアシスト。
医療関係の講演会や勉強会、病院へのデリバリーもしているので
製薬会社MRには便利の良いお店ですね。仕出し弁当より評判もすこぶる良いそうな。
こりゃ納得のボリューム感。メニューも豊富なのでぼちぼち食べに行く事になりそう。

「蝸牛庵」
大阪府大阪市中央区平野町2-5-1
06-6222-4511
月~金:7:00~19:00 土:11:00~14:00
日・祝休

2011.10.07 
小学生のときは毎年スキー合宿で信州に来ていたが、大人になってからは
信州に来るのは初めて・・・約10何年ぶりかそれ以上。
・・・あ、それ以上か?ムニャムニャ・・・濁しとこ。
信州の代表的な和食材と言えば、野沢菜・おやき・蕎麦!
野沢菜はお土産に買ったし、おやきはあんまり好きではないので、老舗の蕎麦屋さんへ。
R0010622_convert_20111002193242.jpg
連休初日の正午頃とは言え、えっ?こんなに並ぶの!な行列。
回転が速いので10分少々で入店できた~。良かった。
R0010614_convert_20111002193550.jpg R0010621_convert_20111002193511.jpg
創業明治3年の老舗。東京や大阪などの大都市圏の明治の建物は西洋文化を汲んだ
モダンな建築が多いが、中軽井沢の蕎麦屋だと古めかしく懐かしい雰囲気。
店内を見守る張り子の縁起人形が可愛らしい。
R0010613_convert_20111002193842.jpg
メニューを見ると蕎麦にけんちん汁の組み合わせ。関西人からは?なセットメニュー。
お好み焼きをおかずとしてごはんも食べる関西人がよく糾弾されるが
蕎麦をごはんとして捉えるとこのメニューもなるほど、天ぷら定食になる。
前にテレビか何かで関東人は麺類をごはんと思っているうんぬん、と流れていたが
こういう事か~、と言ってもお好み焼き定食を食べる関西人同様ごく一部の人々が
サンプリングされていると見受けるが。

「白樺セット 1950円」
R0010616_convert_20111002193700.jpg
ご主人が打った平打の蕎麦は信州に来たんだな~と思える香り。
漬物はサービスでキャベツなど高原野菜の浅漬けがどっさり。天ぷらもカラリ。
けんちん汁の味は素朴で大ぶりの野菜がゴロゴロ。
関西人から見ると汁物がダブッている気がせんでもないが、どうなんでしょ?
同じ日本でも所変われば、組み合わせも違う。
関西だと確実に丼ものか稲荷か巻きのお寿司だと思うんだけどな~。

2011.10.06 
朝食後は軽井沢で一番賑わっている旧軽井沢を散策。
大城レースでレース小物を見たり、一彫堂で軽井沢彫りの箪笥を見たり、と歩き回る。
伝統工芸品は旅先で出逢うと、思わず買いそうになるが結構いい値段なので断念。
伝統工芸は大好きなので次回があれば次回に持ち越し。
R0010601_convert_20111002192736.jpg
絶対に寄ろう、と思っていたブランジェ浅野屋。
R0010602_convert_20111002192817.jpg R0010605_convert_20111002192852.jpg
同僚や自分用に相当数の食パンを購入。
石窯で焼くパンはどれも美味しそう~。店内では洒落た惣菜も販売していた。
テリーヌやサンドイッチにも心魅かれたが、持ち歩くのも何なので揚げ物をイートイン。
R0010608_convert_20111002192935.jpg R0010609_convert_20111002193002.jpg
カニクリームコロッケと熟成メンチカツ各210円也。
カニクリームは蟹が見当たらない上に、冷えていたのでヒドいものだったが
メンチカツはジューシーなお肉と控えめな玉ねぎの甘みが楽しめる。
しかもアツアツなので同じ額を払うならメンチカツの方が断然オススメ。

2011.10.02