FC2ブログ
ちょっと遅いですが、クリスマスネタを1つ。移転前に1度行ったサーレ&ペペ。
お連れサマが大層気に入ったようでクリスマスに行ってみる事に。
DSC_1098_convert_20101226145618.jpg
新地本通り沿いのテナントビル1F。
前の場所から考えてみても行きやすくなったな~、としみじみ。
前は天8と言っても駅からも遠く目的地周辺には何もなかった。
食事をするレストランの周りをグルッと歩いてみて
新店を見つけたり、美味しそうなものがあったら買ったりお茶をしたり、というのが
楽しみの1つなので、そのお店以外何もない!という場所はちと寂しい。
この場所だとそんな心配は無用、ですな。
Menu di Natale、なるクリスマス特別ディナーコースをば。

DSC_1099_convert_20101226150151.jpg
この雰囲気だとやっぱりシャンパンだわな。

「蝦夷鮑の3種盛り合わせ ナターレスペシャル」
DSC_1100_convert_20101226150224.jpg
蝦夷鮑を生・蒸し・フリットの3種で食す。
生の鮑は元から好きではないので、これは別としてフリットなんかは格別に美味しい。
ソースもそれぞれ3種類あり、工夫が凝らしてある。

「上州和牛ホホ肉と仏ペリゴールのフォアグラのパイ包み焼き
ル・レクチェのジェラートを添えて」
DSC_1101_convert_20101226150255.jpg
パイ包み焼き旨し。
洋梨らしい甘みと少しの酸味が広がるジェラートと
パイ包み焼きと合わせて食べると尚旨し。

こういうお料理を口にするとイタリアンとフレンチの境目が尚の事分からなくなる。
フレンチとイタリアンは根本は同じ。
カトリーヌ=ド=メディチがイタリアから大勢の侍女と調理人を連れて
フランス国王へお嫁入りしたことから派生した、と言われるフレンチ。
郷土食の集合であるイタリアンに対して世界中の贅を凝らし、美食を追究したフレンチ。
しかし、1万円超えのコースメニューではその垣根も低くなるんでしょうな。

「山口で取れた赤座海老のズッパとそのフラン
北海道の鱈の白子を栗のパスタで巻いたカネロニ仕立て
北海道のずわい蟹のテリーナオレンジのソースで」
DSC_1102_convert_20101226150340.jpg
カネロニは中にじわりと広がる鱈の白子の旨味が詰まっている。
フランは甲殻類の匂いが少し気になったかな。

「色々な海の幸を詰めたクオーレトリコローレ フルーツトマトと生ウニのソース」
DSC_1104_convert_20101226150405.jpg
これは文句なしに美味しい!これをお腹いっぱい食べたい!
クオーレ(=ハート)モチーフのパスタの中には海の幸。
トマトソースが絡んで非常に美味しい。

「白トリフを練り込んだ手打ちフェットチーネ 北海道蝦夷鹿のラグーソースかけ」
DSC_1105_convert_20101226150427.jpg
トリフの濃厚な香りが匂い立つ手打ちのフェットチーネはもっちり厚めで太め。
それに蝦夷鹿のラグーが合うこと!
お連れサマはこれをお腹いっぱい食べたい!との事。

「長崎のトラフグのカツレツと香りピッカティーニ フルーツトマトのロースト添え」
DSC_1106_convert_20101226150459.jpg
淡白な味わいのフグにチーズたっぷりの衣がアシスト。

「青森の銀の鴨の備長炭焼きとそのモモ肉とゴルゴンゾーラのクロケット盛合わせ」
DSC_1107_convert_20101226150523.jpg
銀の鴨は火入れ完璧!この艶やかなロゼ!クロケットも美味しい。

「キャンドルを見つめるサンタクロースに旬の果物とチョコレートを添えて」
DSC_1109_convert_20101226150559.jpg
クリスマスらしいデザート。ちょっと子供っぽい?とも思ったが味は確か。
キャイキャイと素直に喜んでおこう。

「博多あまおう苺のジェラートにシャンパンをかけて」
「エスプレッソ・パネトーネ」
DSC_1108_convert_20101226150620.jpg DSC_1110_convert_20101226150645.jpg
ふわ~お腹いっぱい。やっぱりココ美味しいわ~。
肉料理も上質だが、パスタや魚の扱いが巧いのは女性には嬉しい。

「Sale&Pepe」HP
スポンサーサイト

2011.01.31 
少し前になんばパークスにできたバインミー専門店にてテイクアウト。
バインミーとはナンプラーを使ったアジアンな味付けの野菜や香菜、海老・チキンなどを
バゲットに挟んで食べるベトナミーズサンドウィッチ、です。
DSC_1162_convert_20110123221314.jpg
コチラのお店の売りは何と言っても有名ブーランジュリー
タケウチのバゲットを使用している事でしょう!
冷めてもパリッとした食感を残すように米粉を使ったバゲットを
このお店専用に焼いているそうな。

「(上から)プレーン580円・チキンブレスト650円・海老アボカド680円」
DSC_1184_convert_20110123221337.jpg
見た目も鮮やかで美しいですな~。
空気を含んだバゲットもなかなか美味しいが、如何せん完全に冷めていたため
具材の水気が染みてヨボヨボになっていたので本来の美味しさが激減していたかも。
出来立てはアツアツのバリッと香ばしいパンの食感と
爽やかな具材の組み合わせが楽しめるのでしょう。
今度はイートインしたいですね~。

「バインミー70」

2011.01.24 
北新地ランチを楽しみにこおげへ~。
DSC_1175_convert_20110118160752.jpg
寿司や丼物以外に和食ってあんまり大阪で外食した記憶がないのだが
ランチでお手頃価格だとおためしで入店するにも垣根が低くなるのが嬉しい所。
以前、雑誌で見て彩りも美しかった「五味五法膳」をオーダー。

「五味五法膳 1000円」
DSC_1177_convert_20110118160815.jpg
HPによると『五味五法の五味とは、「甘」「塩」「苦味」「酸」「辛」の5つの味覚。
五法とは、「切る」「焼く」「炊く」「揚げる」「蒸す」の5つの調理法のことで
これらを基に創り上げたお料理を提供させて頂きます』とのこと。
月に二回内容が替わるらしく、この日は
小鉢:パプリカ・牛蒡・人参・大根のきんぴら
焚合せ:野菜の南蛮漬け・白髪葱・チャービル
台物:千両茄子とすずきの天つゆ餡掛け 豆大根・人参・南京・その他
造り:鯛・鮪・あおり烏賊
味噌汁・御飯・漬物・自家製わらび餅
家で1000円あげるから、と言われても絶対に作らない手の凝ったお料理。
彩りや切り方も工夫してあって女性好み。
薄い品のある味付けなので御飯がすすむ、というわけではないけど
野菜が多いのも手伝って体が浄化されて健康になるような?
知っておくと使い勝手の良い落ち着いた雰囲気のランチ処です。

「北新地 懐食こおげ」HP


2011.01.21 
美味しい、と評判の中華料理屋さんにてランチ~
前にも書いたかと思うが、大阪市内の中でも北は福島、西長堀以西はテリトリー外。
野暮用で加島に用事があったので行ってみたが、土地勘はゼロ。
DSC_1167_convert_20110118160621.jpg
お洒落なカフェのような外観。箱も小ぢんまりとしている。
中国料理の看板と紹興酒の瓶を除けば、中華とは思いはしない。
DSC_1169_convert_20110118160656.jpg
入店すると白黒を基調としたインテリア。
大阪では異例の冷えた日だったので中国茶の温かさが染み渡る。
ランチメニューはA(日替わりメイン他)・B(野菜汁そばほか)、
C(酢豚・玉子と海老のチリソースほか)と
炒飯ランチ各890円と牛バラ肉の煮込みあんかけご飯青菜炒め添え1590円。
寒かったのでBランチに+100円で野菜あんかけ汁そばに変更して。

「Bランチ(野菜あんかけ汁そば) 990円」
DSC_1170_convert_20110118160717.jpg
セットのごはんを本日の小菜(この日は豆腐と茄子の冷菜)に変更可、という事で変更。
女子には麺+ごはんは胃に重たいので嬉しいサービス。
野菜あんかけ汁そばはシャキッと炒めた彩りの良い野菜と上品な味付けのあんかけに
細い縮れ麺が絡まって、冷えた身体が解きほぐれるように芯から温まる~~。
搾菜の発酵加減も塩味も単調な麺メニューにアクセントを加えて
飽きなく食べる事が出来るのも良いですな。
ヒドい風邪をひいているので体に優しいメニューを選んだが
周りを見渡すと担々麺率が非常に高かったので次回は要チャレンジメニューですな。
隣の団体席の会話を聞いていると、何度もこのお店を訪れている様子で
他のメニューを心に誓って来店してもどうしても担々麺の魅力に負けて
必ずオーダーしてしまう、と言っていた。
夜は高級食材も比較的お手頃に食べられるよう。これは再訪必須です!

「中国料理 かなめ」
06-6472-3247
大阪府大阪市西淀川区御幣島5-9-13
11:30~14:30(L.O.14:00)  17:30~21:30(L.O.21:00)
火休み

2011.01.19 
年明け初の食べ歩きは京都にて。
八坂さんへの初詣の前に四条大宮モリタ屋さんにて腹ごしらえ。
DSC_1147_convert_20110102215514.jpg
明治2年創業の老舗。ビル一棟丸ごとモリタ屋です。
近くには精肉店と専用駐車場もあり便利~
昨年も多種多彩に外食に出歩いたつもりだが、どうしても自分が好きなジャンルに偏る。
年初めだけでも今まで一度も外で食べた事がないジャンルへ挑戦する事にしてみたのだ。

DSC_1149_convert_20110102215539.jpg DSC_1151_convert_20110102215558.jpg
年始はランチ営業がなく、昼から夜までディナーメニューからの選択です、と言われ
一瞬怯むが、入店した後なのでもう後の祭り。すき焼きの竹コースで。
昼からお大尽じゃの~。

「すき焼き(竹コース) 5040円」
DSC_1152_convert_20110102215631.jpg
前菜も迎春仕様ハンドルキーパーなのでノンアルコールビールで乾杯。

DSC_1153_convert_20110102215658.jpg
鍋の具材(写真は2人前)が到着。へぇ~、白菜は入れないんだな~
すき焼きって実はあんまり好きではないのでよく分からんが。

DSC_1155_convert_20110102215722.jpg
すき焼き鍋に牛脂を熱してザラメをひいて牛肉を焼き、割り下を少しかけて食べる。
今までの人生の中で食べて来たすき焼きとは違う、という事は確か。
続いて野菜、残りのお肉をば食す。うん、美味しいかと聞かれれば美味しいが
この甘辛い味って野菜は美味しく食べられるがお肉に合うかどうかは未だ不明だわ。

DSC_1156_convert_20110102215802.jpg
デザートのフルーツ。

外ですき焼きって初めての体験だったが、お値段と満足度とのバランスに疑問を感じる。
5040円にサービス代10%加算した金額を支払う事を思うと
前菜・すき焼き・ご飯・香の物・赤出汁・デザートの内容って何だか損した気持ち。
同じ値段を払うならイタリアンのおまかせコースのランチとかに行ってしまうな~。
すき焼き、というメニュー自体がお御馳走なのでこんなものなのかしらん?
単なる主観の問題だろうけど。

「モリタ屋」HP

2011.01.03 
急に襲って来た風邪と共存しながらお正月を過ごしています。
とりあえず、毎年恒例の京都への初詣へ
DSC_1158_convert_20110102215844.jpg
今年もよろしくお願いいたします~。

2011.01.02