FC2ブログ
今年も残すところあと少し。
弱小ブログを見てくださった皆様、ありがとうございました~�����������Q�i�����j
来年もコツコツとしたためる所存ですのでよろしくお願いいたします~。
スポンサーサイト

2009.12.31 
今年最後のランチは今年最も良く通ったイタリアン、西天満のかたつむりへ~���F�����</div>

<div class=

2009.12.31 
年の瀬恒例の忘年会。
今年はヒルトンプラザイーストの大阪聘珍樓へ~��
DSC00781_convert_20091229174911.jpg DSC00782_convert_20091229174941.jpg
店入り口はそうでもないが、内装は何だかマトリックス~(ちと、古いが。)
DSC00783_convert_20091229175003_20091229175709.jpg
今回は「松鶴之宴」13680円のコース也~。

「突き出し」
DSC00784_convert_20091229175021.jpg
豚ロース肉を重ねて葱油で仕上げた、と言っていたような・・・。
冷えた豚まんのような味、ってボキャブラリーが貧困����

「前菜の盛り合わせ」
DSC00785_convert_20091229175043.jpg
美味し�G���������͂��Ă�������八角がよく効いた豚バラ肉やくらげなど。
中華は前菜で善し悪しが分かる、は名言だな。

「気仙沼産小フカヒレの姿煮こみ 陶板のせ」
DSC00786_convert_20091229175109.jpg
フカヒレって味付け難しいと思う料理の第一位かも。
コチラのは若干酸味が立ってあんまり好みではなかったが
他店だと甘かったり塩っぽかったり。
何が正解か、さっぱり分からん。

「北京ダック」
DSC00788_convert_20091229175132.jpg
ここで北京ダックが焼き上がってチラリ姿見せ~���Ђ�
しかし、茶色いものって上手に映らんな~、チョコレートとかもそうだけどさ。

「鮑と五目入り湯葉巻きの牡蠣ソース煮」
DSC00789_convert_20091229175207.jpg
とろりとしたコクのあるソースが美味しい。

「本格窯焼き北京ダック」
DSC00790_convert_20091229175232.jpg
先ほどの北京ダックが登場~。
厚めに、と言うのをいつも言い忘れるので皮だけ。
いつも「いつも言い忘れるよね~」と言いながらまた忘れる。

「帆立貝柱の海老すり身のせ蒸し」
DSC00791_convert_20091229175256.jpg
淡白な素材の味を引き出した一品だが
コース料理のメインにはちと弱いので・・・点心を追加でいろいろと注文~��܂�
DSC00792_convert_20091229175326.jpg DSC00794_convert_20091229175345.jpg
定番ものに旬の素材(きのこなど)を取り入れていて満足。
現地のように生姜の千切りが欲しいところ。

「デザート 栗のプリン」
DSC00796_convert_20091229175407.jpg
美味しい~~����
ねっとりと濃厚な栗の風味が楽しめるデザート。

中華の忘年会は珍しいことなのだが中々楽しかった。
紹興酒が好きなので久しぶりに飲めて幸せ。
やっぱ古越龍山に限るよね���t

2009.12.30 
少し遅いが、忘れないうちに我が家のクリスマスネタ�N���X�}�X�c���[
毎年24日のイヴは外食で、25日は家族揃って自宅で、というのが決まり。
ダッシュで岸辺のパンの神様の所でパンを仕入れたり、予約したケーキを引き取ったり
鶏を冷蔵庫から出して常温に戻して焼いたり、と
大忙しになるのだがそれはそれで楽しいものです。

「Le Sucre-coeurのパン」
DSC00773_convert_20091229174753.jpg
こんなには食べないが折角なので買い進むうちに大漁。
DSC00774_convert_20091229174821.jpg
フロマージュのパンをオーブンで温めると…�����`�[�Yもう、堪りませんな。

「我が家のチキン(チキンレッグ:ポルチーニ茸のパテ入り、きのこ・ポテト添え)」
DSC00775_convert_20091229174845.jpg
今年は丸鶏ではなく、骨付きもも肉を開いて中に詰め物をして焼いてみた。
ポルチーニやハーブ、鶏ミンチ肉パテ状にしてスタッフィング。
一度焼いてから、愛用のデロンギのオーブンで仕上げてなかなか満足な出来上がりに。
ポテトも一度茹でてからチキンの脇でオーブンで焼くとホクホクで美味しい。
(黄色く映っているのは照明のせいもあるが、インカの目覚めだからです。)
他には前菜、サラダ、煮込み料理やらで今年のクリスマスディナーは完了。
あとは・・・おせち&大掃除に備えるのみですな。

2009.12.29 
クリスマスイヴの午後、ディナー前にほっこりお茶をしに前から目を付けていた
料理旅館「吉田山荘」のカフェ「真古館」へドライブがてら行ってきました~��
吉田山中腹に佇む東伏見宮家の別邸として
昭和7年に建てられた吉田山荘は立派な総桧造り。
ステンドグラスや組木細工など品の良いモダニズムの設えが心地よい~��

DSC00759.jpg

敷地内にあるティーサロン真古館が今回のお目当て。
DSC00760.jpg
元々は造りからすると蔵なのかな?上手にリノベートしてカフェにしている。
吉田山荘の女将さんのプロデュースらしいがやり過ぎず趣味良く仕上がっていて好印象。

DSC00761.jpg
内装もまるでお人形さんの家に招かれたかのようにちんまりとしているが居心地が良い。
この日はクリスマス仕様~���ƂƁ|�q�C���M
と言っても、安っぽいデコレーションではなく、あくまでシックで大人向き。

「ケーキセット  1155円」
DSC00765.jpg
卵・乳を使用していない、豆腐とカカオで作ったチョコレートケーキ。
しっとりとした食感と濃厚な味わい。
豆腐で作った健康志向のケーキってそれなりの味な事が多いがコチラのは美味しい~。

「お福ぜんざい  1050円」
DSC00767.jpg
有機農法の十六穀米・小豆・餅黒米を使用したお餅が2個入ったぜんざい。
緑茶と昆布の佃煮が付いていてほっこり和むわ。

いや~、年末で心身ともに疲れた中
ちょっとした心遣いや静かで落ち着く空間で癒された~。
これから通ってしまいそうな予感がするわ~。
いつかは、本館の方にも泊まってみたいな。

吉田山荘HP

2009.12.28 
クリスマス直前のとある平日、曇天の冬の低い空同様
年末の忙しさで何となしに気持ちそぞろで目の回るような忙しさ。
美味しいものを食べて一旦、気持ちリセットを試みて阪急 服部駅方面へ。
DSC00755_convert_20091224111353.jpg
176号線から一本東へ入った所に評判のうどん屋さん。
ご近所の年配女性やお買い物帰りの女性・家族連れのお客さんも多く
接客の女性も感じ良くアットホームな第一印象を受けます。

DSC00756_convert_20091224111417.jpg
ランチメニューも多く本日の日替わり定食は800円で
ヒレカツ・サラダ・ごはん又はかやくごはん・お漬け物・うどん(大盛りも無料)と
2食分くらいありそうなボリュームです。

「天ぷらうどんセット  1000円」
DSC00757_convert_20091224111447.jpg
初めてのうどん屋は天ぷらうどんが判断基準のワタクシ。
少し太めのモッチリとした麺で食べ応えがあります。
4種類の鰹からとった出汁は化学調味料完全無添加なので優しい味。
もう少し塩分があると味の輪郭がハッキリするのかも。
天ぷらうどんには必需品の柚子皮も入っていて嬉しい~�G���������͂��Ă�������やっぱりこれがないとね。

天ぷらは茄子・海老2尾・ししとう�i�X�G�r�����Ƃ�
衣サクッ、具材はふんわりの完璧な揚げ具合で
うどん屋さんの定食ではあまりお見かけしないほど立派な海老�G���������͂��Ă�������
かやくご飯も具沢山で人気で売り切れるのも頷けます。

今度は評判のカレーうどんを食べにこうかしら?

「うどん屋 山善」
0066-9674-48229 (予約専用番号、通話料無料)
06-6864-0770 (お問合せ専用番号)
豊中市服部本町1-6-7
11:00~15:00  17:00~23:00
水休

2009.12.24 
外食はランチよりディナーの利用が圧倒的に多い私。
昼間は仕事やら日常に揉まれて比較的バタバタとしている事が多いので
ゆっくり食事(<お酒を飲みたい)をするには必然的に夜になる。
たまには女子らしくランチでも楽しもか、と(この時点でもう女子目線ではないが)
前々からチェックしていた京都のベトナム料理屋さんへ�x�g�i��

DSC00711_convert_20091216201554.jpg
交通量の多い烏丸御池の交差点から一本東に入ると比較的静かな住宅街。
その中に雑貨天国ベトナムらしい店構え。

DSC00719_convert_20091216201846.jpg
ミントグリーンに塗られた壁にシェードの木枠が映り影が模様のように見える。
店内の薄暗さやインテリアも現地っぽく可愛ゆい。

DSC00712_convert_20091216201622.jpg DSC00713_convert_20091216201646.jpg
ランチメニューは4種類。自家製の手打ちフォーとタピオカ麺のセットを注文。
アレンジ用にテーブルに甘味噌やニョクマム、スイートチリなど調味料が多数。

「フォーガー(鶏肉米麺)セット  1000円」
DSC00715_convert_20091216201729.jpg
おぉ~結構なボリューム。
手打ちのフォーはモチモチしていて生パスタみたい。伸びやすいので注意が必要。
フォーのスープはまったりと濃厚な鶏ガラベースでラーメン屋さんも顔負けの美味しさ。
野菜の甘みも加えられていて美味しい~~
本日のベト飯はライスの上にスパイシーな牛肉ソテーと野菜。
フォーのスープが濃厚なのでご飯もよく合う。

「バンカンガー(タピオカ鶏麺)セット 1000円」
DSC00714_convert_20091216201709.jpg
新しいヒーロー戦隊のような名前のタピオカ鶏麺はツルンとしていて美味しい~�A�b�v���[�h�t�@�C��
丸い太麺で巨大なマロニーという表現が一番分かりやすいかも��
スープはフォーよりもあっさりしているが鶏の滋味があふれている。

「生春巻き(2pcs)  840円」
DSC00716_convert_20091216201755.jpg
ランチセットがあまりにも美味しかったので追加でオーダーした生春巻き。
ま、美味しいのは美味しいがランチセットが美味しすぎたので印象は薄め。

「デザート&ベトナムコーヒー」
DSC00718_convert_20091216201820.jpg
ランチセットについてくるチェー風甘酸っぱヨーグルトとベトナミーズコーヒー。

いや~全体的に美味しかったぁ~。
京都に行くと折角だから、と和食やイタリアン・フレンチを選ぶ事が多く
アジア料理ほか無国籍系は後回しになるので、このお店を知ってからは
かれこれ7年になるのだがヒットだわ。
お得感も美味しさも最近のランチでは3本指に入るな。

2009.12.21 
冬将軍到来~~���ƂƁ|�����ƂƁ|��̂���
冬の味覚、といえば我が家では・・・艸葉のカキフライ!�A�b�v���[�h�t�@�C��
DSC00703_convert_20091216201435.jpg
昨年食べて以来すっかりファンになり、牡蠣シーズンを待ち構えて訪問。
そして、前回鉄板前の席でジュージューと焼けるハンバーグを見せつけられたため
今回はハンバーグステーキも注文�n���o�[�O

「ハンバーグステーキ 1050円」
DSC00704_convert_20091216201500.jpg
熟成されたハンバーグ種を手でちぎり、成形してペタンッ!と鉄板に叩きつけ
ステーキカバーの中でハンバーグが焼ける音がこもって低音で聞こえること暫し。
玉ねぎの甘みと熟成されたお肉の旨みが混ざった洋食屋さん独特の香りが立ちこめ
ドミグラスソースをトロリとかけて完成~。
美味しい~~�R�b�N�X
甘めのドミグラスソースが懐かしい~~。これぞ老舗洋食っっ!といった趣です。
子供の時に夢見たハンバーグをそのまま表現したような一品だな。

「的矢産カキフライ 1300円」
DSC00706_convert_20091216201519.jpg
でか~~。多分昨年より一回り大きい。
噛むとジュワァ、と牡蠣のエキスが口に染み出す。
揚げてもこれだけ大きいのだから元はさぞかし大きいんだろうな~。
少なくともスーパーに買い物に行って見つかるものではない事は確かだわ。
タルタルソースは少なめだが、このタルタルソース作りの為に
シェフの親指には大きな料理ダコができるらしいのでタルタルの追加はグッと我慢���ƂƁ|�^�R
本当に美味しくてずぅっと通い続けたい洋食屋さんです。
シーズン内にもう一度行きたいな~~。

「レストラン 艸葉」
06-6261-9040
大阪市中央区北久宝寺町1-4-12
11:30~14:30 17:00~20:00
日・祝休

2009.12.18 
週末の度にグンと気温の下がる12月。
あったか~い麺でも食べようか、と中津にある評判の良いお店へ。
DSC00698_convert_20091213201203.jpg DSC00699_convert_20091213201307.jpg
うどん屋の激戦区中津の中でも他店に比べて比較的新しいお店。
いつも行列で暖簾分け店も多数の「情熱うどん 讃州」や
豪麺とも揶揄される「たけうちうどん」との違いが楽しみです。
「第3回関西讃岐うどん 西国三十三ヶ所巡礼」の14番札所でもあるようです。
(開催期間中に関西にある指定の讃岐うどん店33カ所を巡った覇者は
達成パーティー参加権を得る�A�b�v���[�h�t�@�C��
以前から興味はあるのですが、全店制覇する自信もなく
何より根性が無いので諦めておりますが��
期間限定メニューも確認して取りあえず店内へ。
店内は決して大きくはないが、清潔感があって好印象。
DSC00697_convert_20091213201236.jpg
メニューも多い方ではないが程よい絞り具合で期待が膨らみます。

「期間限定 かに天ぶっかけ 1180円」
DSC00700_convert_20091213201334.jpg
天ぷらにしても甘みを保ったカニが美味しい~�I
かに天、というと温泉旅行先で旅館にて出されるメニューの中でも
見た目の華やかさに騙され、食べた時の冷め具合や筋っぽい食感で
ガッカリ率が高いことで我が家では悪名高いのだが、ここのは美味しい~�n�[�g
麺はモッチリとした弾力があって好み~。美味しいわ。
ぶっかけつゆは色がやや濃く、甘みが強い。みりんが私にはちと効き過ぎかも。

「天ぷらうどん 880円」
DSC00701_convert_20091213201406.jpg
うどん屋の天ぷらうどんとしてはリーズナブルなお値段。
鯛ちくわ天、海老天、わかめがトッピングされている。
出汁は鰹が効いていて美味しい~~�����
塩分も控えめなのかクドくなくて好み。

「かやくご飯 280円」
DSC00702_convert_20091213201432.jpg
人参・ごぼう・ちくわ・うすあげなどの素朴な具材のかやくご飯もなかなか。

美味しかった~。
最近食べに行ったうどん屋さんの中でもかなり上位��g���t�B�[
今度は「きすけ流」の釜たまうどんを食べに行こうっと�g���L��

「うどん屋 きすけ」
06-6375-5656
大阪市北区鶴野町4-11 コープ野村梅田A棟
14:00~23:00(22:30LO)
火休

2009.12.14 
北風がピューピュー吹き荒れ、御堂筋に色づいた銀杏の葉が舞う日曜日。
あったかいラーメンを食べに上新庄へ~。
DSC00685_convert_20091209152653.jpg
「つけめん専門 大鶴製麺所」となっていますが、横の「天神旗」と経営が同じ。
現在は入り口を一つにしてつけ麺、ラーメンどちらのメニューも
同じ店内で食べる事が可能。
悩んだ結果、寒さに負けてラーメンを選択。
こってり好きのお連れ様は老スープ(こってり)、私は若スープ(あっさり)に。

「若醤油とんこつ 650円」
DSC00687_convert_20091209152713.jpg
決してあっさりではなく、十分にこってりしていますな~。
麺は細めのスタンダードな豚骨仕様で固さは普通。
スープはイメージしていた白さではなく、茶色がかっていて濃厚。
醤油の色と言うよりはよ~く煮込んだ豚のエキスかな~?
若醤油豚骨と言っても十分に煮込んであってずっしりと重ため。

「老醤油とんこつ 650円」
DSC00688_convert_20091209152732.jpg
お連れ様オーダーのお品。
一口スープを口に含ませてもらったが…
「かもされとるな~」
思わず口に出るほどの発酵臭�`�E�I���[�[
透明感ゼロの濁ったスープに恐れをなしていたが、予想的中!
豚が最前面に出ている~�Ԃ��@pkkハロー
こんなにブタブタしい(?)スープは初めて巡り会ったわ。
私は正直ちょっと苦手。若スープがギリギリセーフもしくはギリギリアウトだわ。

いや~気軽な気持ちで行ったのに、思わぬ本格派に出会ってちょっと驚き。
こってりが体に堪えるお年頃なので食が進まなかったが
本格的な豚骨ラーメン好きは絶賛する事間違いなし~。
隣の人が食べていた「つけ麺」が美味しそうだったのでリベンジしに
もう一度行こうかな~。
ただ、美味しいものを出す心意気や姿勢には間違いはないと思うのだが
店員の接客や教育が悪く、ちょっとガッカリした~。
店内の動線が悪いためかな~?

「天神旗」
大阪市東淀川区上新庄3-19-87
06-6324-0104
11:00~14:30  18:00~0:30(日祝~23:30)
火休

2009.12.11 
前に雑誌だかブログだかで気になった「ミールス」なるものを食べに福島へ~。
DSC00691_convert_20091209152523.jpg
このお店のHPにも記載しているように福島の住宅街や工場、ビルの間に
突如として現れるので見つけにくい場所です。
ミントグリーンの窓枠が素朴でかわい~���Ƃ�-�T���[
DSC00692_convert_20091209152549.jpg
店内も素朴で色使いが懐かしい雰囲気~。
行った事はないけどインドの食堂ってこんなのかな~?�C���h

「ミールス 950円(ジャスミンライスは+100円)」
DSC00693_convert_20091209152610.jpg
憧れの「ミールス」~�A�C�R�������͂��Ă�������
「ミールス」とは・・・
南インドで出される定食のことです。(MEALS : 英語の食事の意 Sは濁らず発音)
食堂に入ると、テーブルの上に直接バナナの葉が敷かれ
その上にご飯と数種類の汁気の多い野菜カレー,付け合せが盛られます。
現地では手を使って食べられています。(「亜州食堂 チョウク」HPより引用)


バナナの葉を模したメラミンのお皿に
ライス(ジャスミンライス)から時計回りに
ライタ(マサラが効いた玉ねぎ・胡瓜入りヨーグルト)
サンバル(マスタードシードが効いた野菜カレー)・ダル(豆カレー)
ポリヤル(野菜のスパイス炒め)・アチャール(インド風のピクルス)・バナナ
最初はダルをライスにかけて、その次はサンバル、ライタをトッピングしてみたり、と
食べ方指南を見ながら食べてみると、なかなか面白い~。
しかも、野菜だけなので辛くても胃にもたれるような感覚がなく体に優しい気がする~。
インドの人はお昼にこういうものを食べてたのね~。
行ってみたいな~~インド。インドに行ってカレー食べたいわぁ���Ƃ�-�^�[�W�}�n�[��

「ナシカンダール ハーフ&ハーフ(チキン・ビーフ) 850円」
DSC00694_convert_20091209152629.jpg
お連れ様のオーダーの曜日替わりの定食。
辛い~~�� でも
美味しい~~�l�R
アジア料理独特の体の芯から温まるような辛さが後から襲ってくる~������
ミールスを食べていたので肉類が重たく感じるから不思議。
少し前から思っているベジタリアンにシフトの時期かしら~?

月・火曜日は「カイパロー定食」木曜日は「カオマンガイ」・金曜日は「ビリヤニ」と
曜日毎にメニューが変わるそう。
他のも食べてみたいな~。アジアンモーニングも気になるわぁ。

「亜州食堂 チョウク」HP

2009.12.09