FC2ブログ
名前に惹かれて入店~。
neco1
大津通り沿いにあるビルの地下へ下りていくと…
neco3
大人メルヘンな空間%8D%95%94L%89%A4%8A%A5
神戸の老舗昭和三年創業の萩原コーヒーの珈琲豆を使用した本格的な珈琲店。

neco2
カウンター越しにミントン、ウエッジウッド他のカップ&ソーサーがあり選べる。
瀬戸焼きの猫の花瓶など店内には猫グッズ多数。
この陶板も作家ものらしい。萌え~%83l%83R

長靴と猫
名古屋市中区栄3-7-13
052-263-8653
スポンサーサイト



2009.08.30 
少し時間があったので栄を徘徊中に偶然見つけた大衆中華で一杯。
ie1
戦後まもなくから営業されているそうでランチタイムを過ぎてからも
お客さんが結構入っている。

ie2
庶民的な雰囲気~。

「餃子  430円」
ie3
一口サイズで皮はカリッとしていて美味しい~。
自家製らしい野菜たっぷりの餃子あんで味付けは少し甘めで昔懐かしい。

ie4
さすが名古屋!中華メニューの中にもスパゲッティが…%83l%83R

2009.08.29 
名古屋めしの代表格「ひつまぶし」を食べに「いば昇」へ。
DSC00619_convert_20090823092757.jpg
繁華街の一角に鄙びた店構えで佇んでいます。
名古屋でひつまぶし、といえば「あつた蓬莱軒」とこちら「いば昇」が有名です。
ひつまぶし発祥のお店は諸説あるようですが
あつた蓬莱軒説はー
出前の時に瀬戸物の丼が割れやすかったために
お櫃に容れた所、扱いやすく重ねる事もできるので複数人数分も一度に用意可能で
効率が良いことから1987年に商標登録を取得した。
いば昇説はー
先々代がまかないとして店員に食べさせた。
他諸説ありますが、どこが発祥店であれ美味しい事には変わりありません。
いば昇は錦と栄に2店舗あってどういう関係なのか、
どちらがその発祥と言われるお店なのか解明できませんでしたが
とりあえず日曜日に開いている方のお店へ。

DSC00612_convert_20090823092837.jpg
レトロな店内。街の喧騒から離れゆったりとした時間が流れます。

「上櫃まぶし(吸い物付き)  2850円」
DSC00615_convert_20090823092905.jpg
薬味のネギ・わさびもたっぷりついてきて嬉しい~。
鰻は関西風に腹開きで直火で焼いておりパリッと香ばしいが
蒲焼きたれの甘みが強いためか焦げっぽい。ご飯は柔らかめ。

私はあつた蓬莱軒の方が味付けも雰囲気も好みかな~?
ま、名古屋めしを食べられてひとまず満足~。

「あつた蓬莱軒」の記事はこちら

2009.08.27 
ヤボ用で日帰りで名古屋へ%93%8C%8AC%93%B9%90V%8A%B2%90%FC
せっかくなので名古屋で喫茶店と言えば、の「コメダ珈琲」へ。
komeda2
最近大阪の本町にも出来たらしいがとりあえず本場で。
今回行ったのは栄店で名古屋っ子で賑わっている。
若い娘さん(年寄りみたいな言い方…)も多く
喫茶店というよりはファミレスのような使い方なのかな?

「ミニシロノワールとアイスコーヒー」
komeda1
アイスコーヒーをオーダーすると豆菓子がついてきた~(写真右手前)%83r%81%5B%83%93
これが噂の名古屋的ホスピタリティ!
シロノワールはミニサイズでも十分な食べ応え。
甘いデニッシュの上にソフトクリームを乗せてシロップをかける
コメダ珈琲のイニシャル的なメニュー。
名古屋らしさを味わって大満足~%89%B9%95%84

「コメダ珈琲店」HP

2009.08.26 
夏期期間のみ限定のカレーを食べに大好きな洋食屋さんへ%90H%8E%96
fujiya1
しっかりボードでも確認、うん。ありますな。

こちらのお店は「Fujiya1935」のオーナーシェフのお父様のお店で
ワタクシ的洋食屋ナンバー1のお店。

本日のスープは「トウモロコシの冷製スープ」…迷った末やはりオーダー。
fujiya2
優しいトウモロコシの甘みが口の中に広がりミニトマトの酸味がアクセント%82%C6%82%A4%82%E0%82%EB%82%B1%82%B5
目にも麗しく食しても美味しい。ここのスープはハズレなしですな。

「特製ビーフカレー(サラダ付き)  1000円」
fujiya3
おいし~%83l%83R
家カレー(いわゆる「おかんカレー」と呼ばれるドロッとしたカレー)の
延長線上にある味だが薄めの味付けにも関わらず
スパイス・素材の旨味の広がりが有無を言わせぬ美味しさ。さすがです。
セットのミニサラダの彩りが美的センスの良さを伺う事ができますな。

「特製カツカレー(サラダ付き)  1400円」
fujiya4
焼き揚げでしょうか?あっさり柔らかに仕上げたカツとカレールーの相性がよく
全く重さを感じさせません。

「ブラッドオレンジのシャーベット」
fujiya5
濃い色が夏を感じさせますね~%97%D6%90%D8%82%E8%83I%83%8C%83%93%83W

夏季限定の幻カレーを食べられて大満足%83J%83%8C%81%5B%83%89%83C%83X
8月いっぱいは食べられるそうだが、他にも魅力的なメニューが多いので
目移りしそう…%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2

「洋食屋 ふじ家」
大阪市中央区内本町2-3-8ダイアパレスビルB1
06-6941-7283
11:30~14:00 18:00~21:00
日・祝休

2009.08.25 
西中島にある美味しいと評判のつけ麺屋さんへ~。
DSC00673_convert_20090823093012.jpg
以前、昼過ぎに行って「麺売り切れ」で振られているので
今回は開店前に行って並んで何とか一回転目に入店する事が出来ました。
開店の11:30には20人以上並んでいた…大人気店ですね。

「つけ麺(並)  800円」
DSC00672_convert_20090823093140.jpg
自家製の麺は目が詰まっていて一本一本にボリュームがある。
太くて中華麺、というよりは手打ちのリングイネに近い、かな。
スープはとんこつ+魚介の旨みが重なる濃厚な味ですが
よく煮込んであるので臭みもなく、角がとれたまろやかな味わい。
塩辛すぎる事もなく美味しい。
この手のスープにはもう少し水分の多い軽い麺の方が好みかな?

DSC00671_convert_20090823093057.jpg
セットの「だしご飯」に残ったスープをかけて、というのがデフォルトらしいですが
女子にはこのままの梅だし茶漬けでさっぱり、もいいかも。

「時屋」
大阪市淀川区西中島5-1-4
06-6829-7676
11:30~15:00  18:00~21:00
日曜・祝日・第2第4月曜休

2009.08.23 
池田のピッツェリアにナポリピッツァを食べに行ってきました~%83C%83%5E%83%8A%83A
pancia1
この辺りは以前は昔ながらの商店が軒を連ねる商店街だったが
最近は道路も新しくなり、今時のお店がちらほら増えている。
このピッツェリアも前はテレビにも取り上げられた店先に剥製を並べて
ワニ肉やらダチョウ肉・カンガルー肉を売っていた有名肉専門店跡。
(もちろん普通のお肉も売っていました%83A%83b%83v%83%8D%81%5B%83h%83t%83@%83C%83%8B

pancia2
店中央に石釜を構えており、自然と期待が高まります。

「前菜盛り合わせ  1800円」
pancia3
ゼッポリーニ・魚介のトマト煮・生ハム・モッツァレラチーズ等が載ったプレート。
どれも中々に美味しく、4人で取り分けて食べるのでアッと言う間に平らげる。

「イタリアンサラミ・ハム盛り合わせ  1800円」
pancia4
しっかりした味のハムがワインの杯をすすめます%83O%83%89%83X%83%8F%83C%83%93%81m%94%92%81n

「新鮮なグリーン野菜サラダ  900円」
pancia5
ちゃんとドレッシングで和えたみずみずしいグリーンサラダ%83T%83%89%83_
ドレッシングの味が絶妙で、ちょっとしたお口直しとしても優秀です。

「コロッケ  800円」
pancia6
オーソドックスなイタリアンクロケット。あつあつでシンプルな味わい。

「ピッツァ マルゲリータ  1600円」
pancia7
お待ちかねのピッツァ~%83s%83U
ピッツァはトマトソース・生ハム・野菜・チーズ・生地の形状など組み合わせで
40種類ほどの中から選べるので迷ってしまう…。
優柔不断な人はナポリピッツァの真骨頂マルゲリータを頼みましょう!
こんがり且つもっちりと焼き上がった生地にクリーミーなモッツァレラ
バジルの爽やかな香り%83n%81%5B%83uおいしい~
…贅沢を言えばトマトソースにもう少しコクのある方が好み。

「カルツォーネ  2200円」
pancia8
具を包み込む形のピッツァで中の具材は
トマトソース・モッツァレラ・リコッタ・ハム・バジル・サラミ・パルミジャーノ。
デカ餃子な形状なので、ご想像通りアツアツ~で美味しい~。
3種類のチーズとハムの旨味とトマトソースが重なって奥行きのある味。
トマトソースとカルボナーラを一度に口の中に入れたような感じ、かな%82%CD%82%C4%82%C8%83%7B%83b%83N%83X
ボリュームがあるのでご注意を。

北摂のピッツェリアでは一番美味しいかも~~。
画像にはないがパスタ(魚介のリングイネ イスキア風)も美味しかった~。
ランチの評判もよく、ピッツァ単品の値段でサラダとドリンクがセットに。
カジュアルなお店なので接客どうこう言いたくはないが
料理が出てくるのがやけに遅いと思ったらテイクアウトもしているようで
店内のお客さんに料理が行き渡っていない状況下で欲張り過ぎなのでは…。
時間をずらすなり、なんなりと上手に回す判断が欲しい所ですね。

「Pizzeria Pancia Piena (ピッツェリア パンチャ ピエーナ)」
池田市栄本町1-1
TEL. 072-754-5564
火~金  11:30~14:30  17:30~22:00
土日祝  12:00~15:00  17:30~22:00
月休

2009.08.19 
seikoutei1
こんな気持ちになる予定ですの~%89%B9%95%84ルン8%95%AA%89%B9%95%84-x2Beamed%81%96Green%81i%94%92%82%A2%94w%8Ci%97p%81j%20%81%F5SbWebs%81%F5

2009.08.12 
前に北野に行った時に通りかかって「あ~よく雑誌で見るな~」と気になった
フレンチへランチに行ってみました~~%90H%8E%96
GRACIANI1
山本通沿いの洋館をリノベートしたノーブルな佇まい…素敵~。

GRACIANI9
内装もピンク~ベージュ~アイボリーを基調とした落ち着く空間。
客層のマドモワゼルetマダムも優雅ですわ。
デジュネメニューは3種類(3900円・6500円・8500円)で
今回は3900円の「Menu "Jeunesse"」でまずはお試し。

「本日のお口取り」
GRACIANI2
フランの上にコンソメジュレと雲丹をのせて。
ムヮ~と蒸し暑い日だったのでもう少しキリッと冷やしておいてくれた方が
良かったかもしれないが、スターターとしては驚きは少ないかな。

「ヨコワマグロのマリネ 焼きナスのサラダ仕立て
アルティショーのヴィネグレット グリーンオリーブとバジルのソルベ」
GRACIANI3
爽やかな味付けでハーブをサラダとして添えてあるので香りが高い。
こちらももう少しヨコワが冷えていた方が良いかも。

「赤ピーマンのムースとトマトの冷たいスープと透明なジュレ とんぶり添え」
GRACIANI4
本日のスープは赤ピーマンの甘みとトマトの酸味に
とんぶりのプチプチとした口触りをアクセントにした一品。

「スズキのミキュイ 低温油通し
クルジェットのポートに詰めたイカとムール貝のサフランリゾット ハーブのソース」
GRACIANI5
美味しい~~%83l%83R
旬の鱸をコンフィにしていてしっとりとした仕上がり。
ズッキーニをの上に魚介の旨味が染み込んだサフランリゾットを重ねて
ボリュームはあるがしつこくなく飽きずに食べられる味。
これが一番印象に残っているな~。
塩は少し強めだったがメインディッシュの味としてはちょうど良いかも。

「アヴァンデセール」
GRACIANI6
スイカとジャスミンのソルベ。
ジャスミン好きな私としては嬉しいデセール。

「3種盛りのデセール」
GRACIANI7
フレンチらしい甘~~いスイーツですね。

「カフェとプティフール」
GRACIANI8
リモージュの食器が可愛い~。
フィナンシェ・ショコラ・ボルボローネとどれも美味しいプティフール。

観光地でフレンチ~?と実は懐疑的に訪れたが
自ら「グランメゾン」を名乗るだけあって素晴らしいホスピタリティーと空間。
お料理はデジュネのしかも一番安いコースでは
分かり得ないがリピートしたいのは確かです。
画像にはないのですが供されたパンが秀逸で
思わず卸元を聞いたところ自家製との事。
温かいバゲットではなかったのですが
天然酵母の香りがふんわりと香るパンは久々のヒット。
今度は夜に行ってワインを楽しみたいわぁ%82%B3%82%C6%82%C6-%82%D4%82%C7%82%A4

「グランメゾン グラシアニ」
神戸市中央区北野町4-8-1
TEL 078-262-6650
ランチ  11:30~14:00(L.O.)  ディナー17:30~21:00(L.O.)
ティー  11:30~17:00       バー 17:30~Closed
月休

2009.08.10 
用事があって行った谷町六丁目で発見した新しいパティスリー。
muku1
駅前の長堀通り沿いという好立地。
清潔感のある紺白を基調とした外装。
何だか美味しい予感%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2
針中野のカフェが系列店だそう。
内装は木目とアイボリーの優しい雰囲気。
アレルゲンを詳しく表示して卵を使わないクッキーや
素材にこだわったスイーツを心がけている様子。
保存料や添加物を使わないという姿勢は正に「ケ」の日仕様ですね。

「スイーツ3種(レアチーズケーキ・ベイクドチーズケーキ・ロールケーキ)」
muku2
どれも甘さ控えめで素朴で優しい味がする。
カットケーキが250円~と小ぶりながらもお手軽な価格というのも嬉しい。
売り切れの商品もあったのでもう少し早い時間に行って選びたいわん。

「MUKU」
大阪市中央区安堂寺町1-3-13
06-6761-1169
10:00~20:00

2009.08.07 
カレー特集の雑誌を見てから無性にカレーが食べたくなり
最近ちらほら良い評判を聞くカレー屋さんへ~%83J%83%8C%81%5B%83%89%83C%83X
iumi1
みなと通り沿いにあるお店。
カウンターとテーブル2つのこぢんまりとしたお店だが清潔感がある。
izumi2
ジャズをBGMに待つ事暫し。

「グリーンサラダ 230円」
izumi3
懐かしいリンゴベースのドレッシング。カレーにはサラダが必要%83T%83%89%83_

「メガバーグカリー 1000円(+チーズトッピング・ライス大盛り)」
izumi4
お連れサマオーダーのボリュームメニュー。
このメガバーグとやらが凄い厚みで肉汁が溢れて来る。
カレールーはフルーティーで甘みもあるがしつこくなく
後味というよりは中味として口に入れた途端じんわりと辛味を味蕾がキャッチ。
カイエンヌペッパー、というより胡椒系の辛味なのかしら?
オーションビューの「まくら」以来の苦戦かと思われましたが
チーズのマイルドさとお肉の甘みでアッという間に完食しておられます。

「野菜どっさりカリー 900円」
izumi5
ブロッコリー・茄子・オクラ・椎茸・トマト・ヤングコーン・ズッキーニ・コーンを
ソテーして添えた夏野菜たっぷりのメニュー。
健康的な彩りの華やかな女子メニューと行った所でしょうか?

最近「カレーを食べに行く」といったらアジア系のサラッとした
長時間煮込まないカレーが多かったので、おかんカレーの進化形は久々。
なかなか美味しいな~。
堺筋本町店にも出店したらしいし
今度はデフォルトの牛すじカレーを食べてみようかな?

「いずみカリー」
大阪市西区千代崎2-8-9
090-6672-7527
9:00~23:00(ランチ11:00~15:00)
第二火曜日休

2009.08.05 
東心斎橋を通り抜ける時に気になっていた中華に潜入~。
yamucha1
店舗は2階なので内装は見えても雰囲気がイマイチ掴めなかったが
意外と高級中華だった~%89%A4%8A%A5思わず財布の中を確認~%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2
yamucha2
海外旅行に携帯するガイドブックに載っている高級なんとかみたいな雰囲気
…って分かりづらいか。
水槽に海老とか魚とか食材が泳いでいる。
ちょっと点心でもつまもうか、と気軽な気持ちで入っただけに不安になる一同。
メニューに目を通すと最初のページにフカヒレ・蚫・伊勢海老と高級食材が並び
不安的中…と思いきや中ページには手軽な値段も並んでいて一安心。

「空芯菜の炒め物  1380円」
yamucha3
ニンニクの香りが夏の減退した食欲によい刺激。
空芯菜の歯触りがとても良い。火の通り加減が良い証拠。

「海鮮入りあんかけ炒飯  1000円」
yamucha4
少し固めに仕上げた角切りの野菜とシーフードの旨味が良い~。
おすすめ、とメニューに書いてある事だけはあり、美味しかった~。

「水餃子 800円」
yamucha6
野菜たっぷりの具材だが、野菜の水気の絞りが足りないのか青臭みがほんの少し。
水餃子タレは現地っぽく甘塩っぱ辛い。
しかし、何度撮っても水餃子というのは撮りづらい。
彩りがないので粘土のかたまりのように映ってしまう。


「かに焼売 600円」
yamucha5
こういったメニューには基本ハズレはないでしょう!

現地(香港)でオーダーメイド調達したという家具の豪華さと内装に圧倒された~。
しかもスタッフ全員中国出身で家族経営のようで
子供の泣く声やそれをあやす家族の声が
絢爛豪華な空間に響き渡り、ちょっとした海外旅行気分~。
アジア圏でよく見かける光景だ~。
味は広東の流れを組む香港らしい素材の旨味を引き出すシンプルな味付け。
大人の家族会(サザエさんでいうとカツオ・ワカメ・タラオを除く)や
接待に良いかも~。

「香港海鮮飲茶樓」
大阪市中央区東心斎橋1-12-17 ロンスカール高吉ビル2F
06-6120-6380
月~金      11:00~15:00  17:00~23:00
土・日・祝    11:00~23:00

2009.08.03 
私の街歩きの基本、散策→お茶→パン屋またはスイーツを買う→食事を
満たすべくパン屋立ち寄り~%90H%83p%83%93
cmh2
フロインドリーブに立ち寄るも定休日だったので今回はコチラ。

cmh1
生フルーツをふんだんに使ったデニッシュが並ぶ店内。
持ち歩きに苦労しそうだったので今回はドライフルーツを使ったデニッシュを購入。
甘すぎず芳醇なバターの香りもよく美味しい~%81%F4
しかし、甘い系よりおかず系の方が好きなので
次回はフロインドリーブのカフェでサンドイッチが食べたい~~%83T%83%93%83h%83C%83b%83%60
あと大ミミも%8B%B3%89%EF

2009.08.02