FC2ブログ
ずぅ~っと行きたかったお店にやっと行ってきました喜
souryuukyo4
天満にある「中国食府 双龍居」です。
この界隈は庶民派グルメが密集しているとともに
手頃に本格的な現地グルメが味わえるエリアとして人気です。
7:00に予約したのですがもう出遅れた感をヒシヒシと感じる
仕上がりの店内…急いで追いつかねば%83W%83%83%83%93%83v%83%7D%83%8A%83I 

水餃子 450円
souryuukyo3

海鮮八宝菜 850円
souryuukyo2

トマトと卵の炒め物 650円
souryuukyo1

うま~%83l%83R
どれも美味しい?
オーダーしてから出てくるのが速いので
厭がられてもちょっとずつ頼むのが良いかも。
カタコトの日本語で厨房中心の楽しい接客も
現地っぽくて私はイヤではない。
ホテル中華の接客に慣れている人であれば眉間に皺が寄るかもしれませんが%83j%83N%83L%83%85%83E
メニューも多く、今回オーダーしきれなかったので
もう一度行きたいなぁ%92%86%8D%91

中国食府 双龍居
06-6358-8808
大阪市北区池田町10-11 辰己ビル1F
月~土 11:30~14:00  17:30~24:00
日・祝   11:30~14:00  17:30~23:00
第1・3月曜日 (祝日の場合翌日)
スポンサーサイト

2008.11.27 
免許証の更新のついでに評判の良い門真の饂飩屋さんへ~%82%A4%82%C7%82%F1
kinugawa3

「ちく天きつねうどん 700円」
kinugawa1

「とり玉天ぶっかけ 800円+ごはんセット(とろろめし) 200円」
kinugawa2

寒かったので温かい饂飩を食べたけど…お出汁が甘すぎる~。
これはきつねの責任ではないようです、ね%8C%CF%82%C9%82%E0%8F%AC%94%BB
ツレネコのとり玉天ぶっかけもいまいち。
饂飩の水切れが足りていないのか、全体的に水っぽい仕上がり。
間に合わせの彩りなのか赤ピーマンの輪切りがコワい。

期待が大き過ぎたのか、この日偶々なのかは分かりませんが
私の好みではありませんでした~%8A%BE

2008.11.26 
「しゅてき部屋」で気絶後(就寝後、の意)は小鳥のさえずりとともにお目覚め~。
グリルルーム「ウィステリア」でブレックファーストでございます%83t%83%89%83%93%83X%83p%83%93
ベーシカルなアメリカンスタイルの朝食~。
ジュース・サラダはブッフェスタイルで
卵料理・ソーセージ・パン・コーヒー・紅茶はサーブしてくれます。
fujiya7

朝食後は館内を散歩~。宿泊した花御殿をばkissDN
しかし…天気わるいな…%89J%81@pkk

fujiya9

箱根をドライブ~
美術館巡りをしたあとランチをするため
再度、富士屋ホテルへ戻って来ました~w(よっぽど気に入ったらしい)

目的は「人気ランチメニューフェア」
明治・大正・昭和にわたり受け継がれて来たベーシックメニューをいただきます。

「スパゲッティナポリタン 2400円」
帆立、海老、蛤、タラバガニ等シーフードたっぷりのナポリタン。
甘めの味付けで完食は困難かも。
fujiya11

「ビーフカレー&ライス 2400円」
富士屋といえば、のイニシャル的ランチメニュー。
ココナッツの甘みとスパイスが食欲を増進。
歴代シェフが忠実に守り続けるレシピとやらを伝授してもらいたいですね。
fujiya12

お肉もゴロゴロ入っていて贅沢~。
fujiya13

ベーカリーショップ「ピコット」での買い物も勿論忘れてはいません。

「レーズンパン 630円」
fujiya14

富士屋ホテルは駐車場が多く用意されているのですが
ホテルの利用の他にこのベーカリーショップの利用のためでしょうか
横浜、相模、品川ナンバーなど地元マダムの車が忙しく入れ替わっていきます。
関西で言うところのメリッサ、という感じなのでしょうかね?

1泊2日の箱根旅行、というより富士屋ホテル満喫旅行はこれにて終了。
そして、関東編も記憶が曖昧になってきたので
これをもちまして強制終了いたします~。
…というより、日常生活へ~%83l%83R
リハビリが必要だね、こりゃ。

富士屋ホテルHP

2008.11.25 
部屋でたっぷり寛いだあとはお待ちかねの夕食タイム~%90H%8E%96
メインダイニングの「ザ・フジヤ」へ~
fujiya2
重厚な扉が非日常へのいざない~

fujiya3
日光東照宮をイメージしたという格天井に見惚れながら
「復刻版特別メニュー」(創業当時のメニューをアレンジ)に舌鼓%83l%83R

前菜:オードブル盛り合わせ
fujiya4

卵入りトマトグラタンスープ:湯気湯気で美味しい~
fujiya5

牛舌シチュー:柔らかで繊維がほどけていきます~
fujiya6

ダイジェストでお送りしました~。
どのお料理も丁寧に作られていて且つ
伝統的フレンチと当時の空気感が伝わって来る様な素朴な構成。
これが、人気オーベルジュ!若手シェフ!でのディナーだとすると
「ヒネりが無い」と感じるところなのかもしれませんが
このメインダイニングの空間やホテルの雰囲気と
それを堪能しようとする自分が見事にシンクロしました~。
まさにコレコレ状態。
赤ワインを1本空けて「しゅてき部屋」で気絶就寝
                                                                         其ノ3へ


2008.11.24 
関東編ラストを飾るのは箱根宮ノ下の富士屋ホテル~%83l%83R
言わずと知れた、ジャパニーズクラッシックホテルの代表格です。
今年は創業130周年、という事でメディアへの露出も多いのですが
前からこちらへ泊まる事を切望していた私は
「自分へのご褒美」と称して予約~
fujiya8
富士屋ホテル本館は社寺造りですが内装は洋風。
赤い絨毯や手摺、飴色に磨き上げられた書棚…
こういう和洋折衷…たまらん!
和と洋を組み合わせるバランス感覚に秀でていないとこうはなりません。
fujiya10
しゅてき~

アタクシ達は長年の願いが叶い、花御殿へ!!!
部屋指定は出来なかったのですが宿泊予約を入れてから
毎日願い続けていたら花御殿宿泊…キター!!!
汚す前にチャチャッと撮影。
天井が高い!さすが、外国人専用リゾート。
写真では分かり難いですが4~5mはあります。
fujiya1

運転で疲れたので部屋でくつろぐこと暫し%89%C6
                                                               …其ノ2へ

2008.11.23 
TVのグルメ番組で見た「特製焼きそば」が気になり、再度横浜中華街へ~%92%86%8D%91
bairan1
以前通りかかった時は凄い行列だったけど、今日はマシ~。
曜日によってムラがあります。

まずは揚げ雲呑とエビチリでかんぱ~い…テーブルの色も手伝ってソースから何から真っ赤か…
bairan2bairan3

で、お目当ての「梅蘭特製焼きそば 900円」
bairan4
見た目は切る前のスパニッシュオムレツですが…

bairan5
中には具沢山のあんかけが。
ふむ、中々に美味しいけれど脂っこい…
私達のメニュー選び(揚げ雲呑にエビチリ、ダメ押しの特製焼きそば)も
宜しくなかったためか美味しさ半減ですね%83l%83R
前菜に胡瓜の甘酢漬けとか、サッパリ系をオーダーする事を激しくオススメします。

「梅蘭中華街本店」
神奈川県横浜市中区山下町133-10
TEL 045-651-6695
営業時間 平日:11:30~15:00 17:00~22:00
土日祝:11:30~22:00
全日ラストオーダー:21:50

2008.11.23 
桜木町から歩いて目的地へ到~着%83W%83%83%83%93%83v%83%7D%83%8A%83I
創業昭和21年、センターグリルです。
メニュー看板のレトロ感も雰囲気ありますね~%83l%83R
noge3
こぢんまりした可愛い店舗。
缶バッジのような店名ロゴこそがこちらのCIですね%83A%83%81%83%8A%83J
noge2

一番人気という「スパランチ」や「ナポリタン」など魅力的なメニューと迷ったけど
折角なので人気メニュー「浜ランチ 1050円」を注文。
noge6
オムライス、チキンカツ、サラダの盛り合わせです。
見た目はガッツリなイメージだけど、食べてみるとそこまでのボリューム感はない。
下味を忘れたのかな、というチキンカツと
デミ少なめの白い御飯のオムライスが何だか…物悲しい%83l%83R
カレーはルー多め、カキフライはタルタルソースは付けるのではなく乗っける派の
私には汁気が少なすぎる~!
+200円でオムライスの白御飯を特製オムライスに変更も可能らしいので
そちらが正しいのかしら~?

部屋に帰り、浜ランチで奪われた水分を補給~%83r%81%5B%83%8B
再訪は難しいかと思ったその時
持って帰ったレジ横にあったマッチとショップカードを見ていると…
noge7
ボ、ボルカノ!!!
noge8
私の愛する「イノダコーヒ」のイタリアンスパゲッティにも使用されている
日本製麻のボルカノブランドのスパゲッチwでないの!!!
こ、これは再訪の必要がありますな。

「米国風洋食センターグリル」
横浜市中区花咲町1-9
TEL 045-241-7327
営業時間 11:00~21:15(L.O.)
月曜日休

2008.11.22 
目的あって桜木町で初下車~%8F%89%90S%8E%D2%83%7D%81%5B%83N
お~横浜っぽ~い
noge1

トコトコ歩いて野毛小路へ~
noge4
なんか風情があるな~%83l%83R

noge5
赤提灯や串物が多いので横浜的下町飲食街なのでしょうが
関西のそれとは違い、女子が近寄り難い雰囲気ではないですね。

…所で「ばかなべ」って何でしょ?(写真左上)

2008.11.22 
東京に来た、となれば江戸焼きの鰻を外す訳にはいきませんね%83l%83R
miyagawa1
miyagawa2
創業明治26年!
デパ地下を始め東京中に宮川を名乗る鰻屋さんは多いのですが
「宮川」と「宮川本廛」の2つの流派があるそうですがその詳細はわかりません。
どなたかご一報を。


待つ事1時間…%83l%83R
混んでいたので覚悟は出来ていたものの
鰻を蒸し焼きする香りを嗅ぎながらの1時間は腹ペコの私には
かなり過酷な試練…

…で待ちに待ったうな重(ロ)2415円な~り~
miyagawa3

miyagawa4
美味しい%82%AB%82%BD
さっぱりと醤油の勝ったタレは品があって御飯よりお酒が進みそうですね~。
今回はうな重で頂きましたが、次回は冷酒でキュッといきたいものです。

2008.11.03 
創業嘉永元年(1848年)、現存する最古の江戸前寿司処という
銀座のすし栄さんに行って来ました~。
susiei3
昭和通りを南へ銀座東武ホテルを西へ入ると直ぐにあります。
改装を重ねていらっしゃるので老舗らしい佇まいではありませんが
地階、1階、2階、別館と雰囲気を変えて営業されているそうです。
susiei2
江戸前、といえばの新子。お酢がキリッと利いていてスターターには最適です。

susiei1
そして、一番気に入ったのが穴子の塩焼きの握り%83l%83R
パリッと焼けた表面と長物特有の細かな繊維がホロッと崩れる食感が
堪りません~%83l%83R
穴子に関しては煮穴子にツメのイメージしかなかったので
嬉しい発見~%89%B9%95%84%82P

銀座の老舗寿司屋、というとお高いイメージが先行しますが
コースメニューや一品も充実していて大満足%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2

銀座すし栄
東京都中央区銀座7-13-2
電話 (03)3541-5055

2008.11.01