FC2ブログ
日曜日…ランチ難民…
というかイタリアンが食べたいけれど
予約も入れていないし並ぶのはイヤだし…でも折角の東京だから
美味しいものが食べたいし…
とブツブツ独り言を言いながら
i-modeで検索してみると日高良実シェフのお店を発見!
行ってみました~。
hiroo1
ま、ありがちな外観。
hiroo2
折角なのでパスタランチをオーダーです。
hiroo3
アーリーアメリカン調な内装が気にならん事もないですが
ひたすらに料理を待ちます%83A%83%81%83%8A%83J

hiroo4
サラダ…
hiroo5
パスタ…?

まず、サラダに関して言えばクリームチーズと玄米を混ぜた
不思議なトッピングがヴィジュアル的に怖く
玄米のツブツブした食感とクリームチーズは合う訳はない。
パスタは「お魚と野菜のパスタ~クリームソース~」をオーダーしたはず。
このご時世生クリームは高いのでしょうがクリームソースでは決してなく
人参、ピーマン、大豆、鱸の欠片…という粗末な具材。
「創作焼きそばです。」と出されたらオーダーミスで通るものの…。
全力でパスタを作ってコレ?しかも…
もやしが入ってる!
野菜には変わりないけどこのセンス…いただけませんわ。

「アクアパッツァ」の姉妹店、という事でしたがランチメニューには
玄米プレートやカレーの表記がありイタリアンというよりは
カジュアルダイニング、と理解しようと努めています%83l%83R
スポンサーサイト

2008.10.31 
本日はこの東京滞在の大きな目玉である「土手の伊勢屋」への訪問~。
炎天下(当時は夏でした。)の中、初めて降りる「三ノ輪」の駅…。
あんまり山手線を外れて東の方面って行った事が無いのでドキドキ%83l%83R

ひろ~い生活道路を歩いて行くと何やら当時の面影そのままに
タイムトリップしたかのような一角が…。
dote1 dote3

創業明治22年という事だけあり、さすがに中々の年代物ですね~。
東京大空襲の日本堤一帯で戦火を免れたのは
伊勢屋さんとその隣の馬肉屋さんだけ、との事でしたので
当時の戦況が如何程のもだったのか…心が痛みます。
開店時間を10分程過ぎて店舗前へと辿り着いたのですが…
dote2
………どうやら私達は敵を見くびっていた様です。
開店と同時に一回転目のお客様達は入店されたあとでした。


待つ事1時間半…やっと入店です。


額の中のブロマイドのお姉さんも私達の苦労を労ってくれています。
dote4

店内メニューは天丼か天麩羅盛り合わせ、ビール等ドリンクで構成。
天丼は具材の内容に因り
イ(海老、いかのかき揚、キス) ---- 1400円
ロ(穴子、海老、いかのかき揚) ---- 1900円
ハ(貝柱のかき揚、穴子、海老、旬の魚、野菜) ---- 2300円
私は天丼ロを、ツレネコは天丼ハをご所望。
メニューを見ながら迷っている時でさえ胡麻油の良い香りがして来ます。

dote5
待つ事暫し…やってきたのは天丼ロ!
オ~~%83l%83R結構なボリューム!
胡麻油でサクッと揚がった魚介に東京風の色の濃い出汁。
関西で食べるそれとは違い天麩羅も色がキツネ色。
食べるほどにこちらが正解なのではないか、と思えてくるほど
素晴らしい香ばしさと出汁との相性。
dote6お待ちかねのツレネコの天丼ハ。蓋(重石)を取るとdote7
期待通りのヴィジュアルに!一同目が釘付け%83G%83r%83t%83%89%83C

胡麻油の香りがアクセントとなり、また油切れが良いためか
見た目よりヘヴィな印象なく平らげてしまいました。
やっぱり、鮨と天麩羅は江戸前に限りますな~。

「土手の伊勢屋」
03-3872-4886
東京都台東区日本堤1-9-2
営業時間11:30~14:00、17:00~20:00 ※売切次第閉店
水休

2008.10.30 
月島にてもんじゃを食べたあと、行き道は勝閧橋を渡ってきたので
佃大橋を通って帰ろうという事になったのですが…
橋へ上がる階段が見つからず橋周辺を徘徊~%83l%83R
何やら下町情緒溢れる川沿いの住宅地の一角に車を横付けする人達が…
佃 天安
佃という地名通りの佃煮屋さんです。
老舗らしい佇まいが魅力的ですね~%83l%83R
天保8年(…と言われてもいつか分からない。1837年の事らしい)創業%95x%8Em%8ER
甘辛い醤油とみりんの香りがほんのり漂っています。
お客さんが途切れる事なくやってきます。
店内は決して広くはないのですが、ガラスケースに量り売り、と
懐かしい商いスタイルです。
「鮪の角煮」を買ってみます。
甘めの味付けに生姜が効いていて御飯より御茶受けにしたいタイプですね%83l%83R
普段着の東京を垣間見た様な気がした1日でした。

「佃煮 天安」
03-3531-3457
中央区佃1-3-14
無休(12月31日・1月1日のみ休業)
営業時間:午前9時~午後6時

2008.10.20 
着いた先は…
monja8

大阪人には馴染みの薄いアノ食べ物目当てにいざ出陣!!!

monja7
「路地裏もんじゃ もん吉」
昔からやっているお店らしく下町風情の漂うお店ですね%83l%83R

まずは
monja6

monja2
で、人気メニューランキング第一位の「もん吉スペシャル」を注文。(素直)

もんじゃデビューの私達は他力本願。
カップ一杯に盛りつけられたもんじゃを写真に撮ろうとするも
呆気なく鉄板へ~%83l%83R
速過ぎてブレブレですが
店員さんがタカタカ具を刻み、噂の土手も写真を撮ろうとした所で
素早く決壊される…
monja5monja4


多分完成!

monja3
「もう少し焼いてから食べてね。」「はい。」と素直に頷くも…

monja1
あの、あの~もう食べていいのでしょうか?底が固くなって来ているんですけど…
いつまで待てばいいんだろう…
ていうか「もういいですよ」と声は掛けてくれるのだろうか?


泣け無しの勇気を振り絞って聞いてみたら
もう食べても良い、という事で食べてみた%82%D6%82%E7
…フ~ム…複雑…な味…食べにくいな%83l%83R
お好み焼きでいいや。

「路地裏もんじゃ もん吉」
東京都中央区月島3-8-10 
03-3531-2380
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30)
無休

2008.10.15