FC2ブログ
富士屋ホテルを出て、御殿場から東名へ。
小田原、と言えばの鈴廣の蒲鉾の直営店に寄ってお土産を物色
DSC_1558_convert_20110320142933.jpg
大型店舗でゆったり買い物。キャラものや旬素材を使った珍しい練り物も多い。
とりあえず、定番の上白板を自分たち用に購入。
DSC_1562_convert_20110320143005.jpg
塩干類も取り扱いがあったので鯖の粕漬けを購入。
贅沢したので暫くは自宅で大人しく食事を作るとしませう。
知り合いの無精者用に切れてる板わさも購入。

長旅、を終えて自宅に到着。静岡と滋賀は長い、というのが今回の感想。
自分用に買ったホテルクッキーを眺めながら一息。
DSC_1563_convert_20110320143032.jpg
缶のパッケージが可愛い~。
DSC_1566_convert_20110322212613.jpg DSC_1568_convert_20110320143203.jpg
日光金谷ホテルのクッキーはあっさり素朴な味わい。
富士屋ホテルのクッキーはバターたっぷりのリッチな味わい。
朝食のスクランブルエッグで受けた印象と同じです。

日光金谷ホテルベーカリーのパン
DSC_1571_convert_20110320143226.jpg
後日郵送のパン。ロイヤルブレッドとチーズロード。
チーズロードはダイスカットのチーズが所々に散りばめられていて美味しい。
ロイヤルブレッドは朝食に食べた物と同じで昔ながらの素朴な味わい。
パン好きの人にお土産であげても評判が良かった。
ホテルブレッドの最高峰でないかい?と思う程美味しい。お取り寄せしても良いくらい。

ずっと行きたかった日光東照宮にも行けたし、贅沢なホテルライフも満喫。
とても良い旅だった。
さて、そろそろ日常に戻るとしますか。

日光~箱根旅行'11~完
スポンサーサイト



2011.03.22 
さて、素敵な旅もそろそろ終焉。思い出のホテルの最後にお茶でも。
本館ロビー裏にあるティーラウンジオーキッドで中庭を見ながらお茶の時間。
DSC_1553_convert_20110318163735.jpg
雪が降り止み、温かな陽射しが漏れ込んできます。
小鳥のさえずりも遠くで聞こえます。
ふと、テーブルを見ると…
DSC_1555_convert_20110318163818.jpg
あら~、伝説のナイスカップルジョン・レノン&ヨーコ・オノのお席でしたか。
お二人はアップルパイと紅茶でゆったりとしたティータイムを楽しまれたようですが
私達は庭園を歩き回って喉がカラカラ。
DSC_1557_convert_20110318163759.jpg
お連れサマはチョコナッツサンデー、ワタクシめはアイスコーヒーで。
何とも色気もムードもないセレクトですが、それはまぁご愛嬌。

優雅な時間は終わりを告げて帰路へ~

続く(日光~箱根旅行'11~旅の総括)

2011.03.21 
翌朝の朝食はメインダイニング「ザ・フジヤ」で。
DSC_1535_convert_20110318163357.jpg
日光金谷ホテルの創始者次男、正造が2代目として婿入りして完成させた
メインダイニングは高い格天井に見事な彫刻。
正造をモチーフにした黒い柱彫刻が今も接客を厳しく見守る。
クラシカルな雰囲気の中でアメリカンブレックファスト
DSC_1530_convert_20110318163304.jpg
金谷ホテルと同様にグレープフルーツジュース・スクランブルエッグで。
スクランブルエッグは富士屋の方が乳成分が多いのかクリーミーな味わい。

「フレンチトースト富士屋風」
DSC_1534_convert_20110318163427.jpg
お連れサマオーダーのこんがりと色付いたフレンチトースト。
たっぷりのメイプルシロップで食べると美味しい
揚げているのが富士屋風なんだそうな。朝から揚げ物は家ではちょっとできませんな。
今後もフレンチトースト富士屋風はココでのみ食べる事にしましょう。

朝食後はホテル敷地内を散歩。
DSC_1539_convert_20110318172215.jpg
本館正面はさすがの迫力。見事な社寺造りに洋館の雰囲気の和洋折衷。
DSC_1541_convert_20110318163517.jpg
宿泊した花御殿。外観は大きな千鳥破風の屋根を持ち、校倉造りを模した壁。
外から見てもウットリ。
DSC_1546_convert_20110318163542.jpg DSC_1549_convert_20110318163607.jpg
あ~やっぱりこのホテル大好きだわ
こんなに品よく豪奢な雰囲気が残っているのって素敵。年内にもう一度来れるかしら~?

続く(日光~箱根旅行'11~ティーラウンジオーキッドへ)

2011.03.19 
宇都宮から箱根へ南下して富士屋ホテルへ到着
前に宿泊して大のお気に入りとなった富士屋ホテル。
レトロでありながら豪奢な雰囲気が味わえる。
DSC_1495_convert_20110316134112.jpg
今回も花御殿に宿泊。名前の由来は43室全てに花の名前を持つ事から。
客室ドア、鍵など、細部に花のモチーフが使用されていて…うっとり
DSC_1494_convert_20110316134259.jpg DSC_1499_convert_20110316134456.jpg
天井が非常に高いのもこのホテルの一つの特徴。

DSC_1497_convert_20110316134725.jpg
浴室も広く使いやすい。猫足のバスタブの客室もあるそうな。泊まってみたいわん。
DSC_1520_convert_20110316134747.jpg DSC_1521_convert_20110316134809.jpg 
アメニティも花柄で可愛い。ジェルはローズの香り

DSC_1511_convert_20110316135109.jpg DSC_1513_convert_20110316135130.jpg
運転で疲れたので夕食は軽食をとってバーで飲んでゆったり。
オーセンティックな雰囲気の中、花御殿の部屋の名前をイメージしたカクテルを飲んで
道中の話などに花を咲かせて楽しむ。
DSC_1515_convert_20110316135151.jpg DSC_1516_convert_20110316135214.jpg DSC_1519_convert_20110316135235.jpg
年齢的には十分大人だが、こういう楽しみを見つけると大人になった気分。
これからは花御殿に宿泊してその部屋の名前のカクテルを飲んでいこう~、と。

続く(日光~箱根旅行'11~富士屋ホテル朝食へ)

2011.03.17 
関西からはなかなか行く機会のない東北方面。ご当地グルメも食べておかねば。
日光宇都宮道路の終点、宇都宮の餃子専門店みんみんへ。
DSC_1486_convert_20110313124847.jpg
市街地だというのにめちゃくちゃ寒い。ハッキリ言って日光なんかより寒い。何で?
平日の昼間でも行列のお店。餃子ツアーを敢行している団体さんに混じって待つ。

DSC_1487_convert_20110313124937.jpg DSC_1490_convert_20110313125116.jpg
メニューは超シンプルに5つのみ。試しにそれぞれ1人前ずつオーダー。
DSC_1488_convert_20110313125156.jpg DSC_1491_convert_20110313125224.jpg
調理方法が違うだけで同じ餃子だったorz
関西で言う所の野菜餃子って感じなのかな?あっさりしている。
ま、一番美味しいのは焼餃子、次に水餃子、揚げは別に頼まなくても良かったかも。

DSC_1492_convert_20110313125302.jpg
佐野SAで発見したご当地グルメ佐野ラーメン。わたしゃもう食べられませんわ。

続く(日光~箱根旅行'11~富士屋ホテル到着へ)

2011.03.16