FC2ブログ
以前は崎山ビルで営業されていたそうだが
大正12年建築のレトロビルの老朽化に伴い、移転をされたそう。
移転前から含めると足掛け30年、という大阪では老舗格のイタリアン。
DSC_3415_convert_20120223084339.jpg
レトロな外観。クラシカルでいてモダン。
こういう雰囲気が大好きな私にとっては何だか良い予感。
DSC_3417_convert_20120223084435.jpg DSC_3416_convert_20120223084415.jpg
インテリアも文学サロンのようなレトロモダンかつ妖しい雰囲気。
余談だが店名オピウムも阿片の意味を持つ。何だかアブサンでも出てきそうな。
ランチメニューはパスタ2種類を中心にPranzoA~Dまで4種類から構成されている。
前菜やカフェも組み替え自由のようなので自分の好きなメニューを楽しめる。
最近、野菜不足なのでサラダ・スープ両方食べたかったので
PranzoA850円(本日サラダor本日のスープ+本日のパスタ+自家製パン)に
100円追加してセミオーダー。
PranzoCが一番近いのだがデザート3種盛りがいらないな、という気分だったので。
こういうリクエストに応えてくれるのも嬉しい。

「本日のサラダ・スープ・自家製パン」
DSC_3420_convert_20120223084459.jpg
本日のスープはミネストローネ。優しい味付け。
本日のサラダはコッパとグリーンサラダ。紅蕪(?)のピュレの
彩りも美しく味わいも爽やか。
自家製パンは食パンのように柔らかであまり類を見ない。

「揚げ茄子のトマトソーススパゲッティ」
DSC_3421_convert_20120223084518.jpg
盛りは家庭的…というか愛嬌あるが、味わいはトマトの旨味を強調した
控えめの塩加減で、余分な味付けをせずシンプルな一皿。
アツアツなのもポイント高い。

ハッと驚くような美味しい発見!と言うよりは落ち着く味わいと雰囲気。
ビジネス街でサラリーマンが足繁く通うのも納得行く。
~14:30ラストオーダーというのも非常に便利。
日替わりのランチメニューは毎日HPにUPされているのも嬉しい。
店舗前に張り出しているメニューを見て、
「好みのパスタが一つもない!」という絶望も回避できる。
常連さんらしき人が移転を喜んでいた姿が印象的な愛されるイタリアン。
行ってみる価値あり!の一店です。

「OPIUM」HP
スポンサーサイト

2012.02.23 
久々にイタリアンランチを求めて、街をブラブラ。
大好きなイタリアン、トレ・ルマーケがランチ営業を辞めてしまったので
こういう時に行く宛を失ってしまったのだ。
中央区役所裏手に最近できたイタリアンに思いつきで寄ってみる事に。
DSC_3379_convert_20120215224446.jpg
ビジネス街らしく賑やかな雰囲気のする気さくな店構え。
DSC_3380_convert_20120215224557.jpg DSC_3381_convert_20120215224616.jpg
ランチは2種類。メインの有無で分かれている。パスタランチのAをチョイス。
魚料理を得手とするお店のようなのでマルアジと小松菜のトマトソースに。
オイルベースよりトマトベースが好きな事も勿論あるが。

前菜                 パン
DSC_3382_convert_20120215224641.jpg DSC_3383_convert_20120215224658.jpg
ウ~~ン・・・。前菜は残り物をソテーして盛りつけただけのような
物悲しい仕上がり。これだともう潔くサラダだけの方がいいんぢゃないのかな?
パンはバゲットは52丁目ベーカリーの卸しだけにさすがに美味しい。
フォカッチャは塩控えめの自家製。もう少し塩が効いている方が好み。

パスタ
DSC_3384_convert_20120215224717.jpg
具材が悲しい程に少ないパスタ。あと100円上げて1000円にしても許すので
もう少し具を入れてください、と嘆願書を書こうか悩み中。いや、出さないけど。
具材も然ることながら、オリーブオイルも足りないのか色艶が悪い。
出て来た瞬間から、ちょっとお疲れな感じのパスタってな感じ。
ピチピチとフレッシュで今が食べ頃よ~、って感じではない。
シャワーを浴びても水滴を弾かない弛んだ肌のような質感だった。
私もこうなるのか、いや、もうなっとるのか?何せ年頃の女子を脅かす存在感。コワい。

エスプレッソ
DSC_3387_convert_20120215224735.jpg
偶然にも食べに行った日がバレンタインだったので
サービスでチョコレート菓子をもらった。ありがとうございます。

少し期待していたのだが、ビジネス街のイタリアンランチって
速さに重きを置いているからか、気合いの入った美味しいのに当たらない。
席間にしてもそれは言えているかも。
今度は久しぶりに平日のBOCCIOに行ってみようかしらん。

gita
大阪府大阪市中央区久太郎町1-2-16
06-6262-9851
11:30~14:30 18:00~23:00
日休

2012.02.16 
社用でまたまた京都。
プライベートでなかなか京都には来られないが、仕事では最近ちょくちょく来ている。
買い物をするほどの時間はないが「せめて美味しい物を食べにゃ!」と
京大近くのイタリアンへ回り道。
DSC_3053_convert_20111211221715.jpg
専用駐車場があるのだが、場所が分からず店前の道路を行ったり来たり。
しかも、結局満車だったので奇跡的に空いていたコインパーキングに駐車し店内へ。
商談前なので焦りまくり、で着席。

DSC_3054_convert_20111211220724.jpg DSC_3055_convert_20111211220750.jpg
イタリアン、というよりはダイニングカフェのようなキャパで天井も高い。
席間を広く取ったゆったりとしたレイアウトも好印象。
年配客も多く、地元の人に愛されているよう。
石窯のピッツァも人気らしいが、今回はパスタでPranzoAをオーダー。

「前菜」
DSC_3058_convert_20111211220821.jpg
野菜やフリッタータなどの盛り合わせ。スモークサーモンも厚めのスライスで良い。

「スープ」              「ポルチーニ茸のクリームパスタ」
DSC_3060_convert_20111211220845.jpg DSC_3062_convert_20111211220907.jpg
追加(確か追加料金が100円だったような?失念。)でオーダーしたコンソメスープ。
菊菜の爽やかな香りとトマトを効かせたコンソメスープで、かなり美味しかった。
こころもち塩気が強かったが、体が芯から温まるあっつあつのスープ。
フレッシュのポルチーニを使ったパスタも若干、追加料金が発生したが
シンプルな味わいのクリームソースの中にポルチーニの香りが混ざり、食欲増進。

京都のランチ、それもイタリアン・フレンチなどの西洋料理って
割高なイメージがあるのだが、なかなかコスパが高いお店でした。

「Chiaggio(キアッジオ)」
075-752-6131
京都府京都市左京区吉田牛ノ宮町8-5
11:30~15:00 18:00~21:00
水・第3木曜日休

2011.12.19 
仕事@京都の時のランチに非常に困る、今日この頃。
どうせ京都に行くんだったら美味しい物食べたい!でも時間がない!
サクッと美味しい物が食べたい!という時に困るのが京都。
イノダコーヒで毎回食べてもいいんだけれど、何か日常に変化をつけるべく
生パスタが美味しいと評判のイタリアンへ。
小ぢんまりとしたお店で、木漏れ日の入る温かな雰囲気。
前菜4種盛り合わせ+パスタ+パン+エスプレッソのPranzoBをオーダー。
パスタは4種類の中から選べるようなので、アンチョビとケイパーをオーダー。
前菜は撮り忘れたが、ま普通。
カルパッチョやエスカベッシュ、フリッタータなどの盛り合わせだった。
DSC_2882_convert_20111106142829.jpg
自家製パスタはもっちりとした歯触りで生パスタ好きには堪らんだろうと思うが、
最近は市販品でもそこそこ良い出来の生パスタがあるので、さほど感動はない。
味付けも若干クドくて塩気も強い。少し苦手なタイプ。
生パスタに合わせるソースって少し質感が重ためでコクはあるけれど塩気は弱め、の方が
飽きずに最後まで食べられる気がする。

2011.11.14 
美味しいと評判のイタリアンへランチのために寄り道。
平日の遅出なので、皆が働いている時に自分だけ美味しいものを食べている事に
罪悪感をほんのちょっぴりだけ感じつつ…
社用携帯が今に鳴るのではないか、とスリリングなランチ。
DSC_2932_convert_20111026005413.jpg DSC_2931_convert_20111026005437.jpg
堺筋本町、というビジネス街にカジュアルイタリアンにしては中々の店構え。
パスタランチ900円をオーダー。この価格帯でパスタを3種から選べるのも嬉しい。

DSC_2923_convert_20111026005523.jpg DSC_2924_convert_20111026005548.jpg
天井が高く、太陽の陽射しも良く入る大きな窓も一枚板で立派。
お洒落過ぎず、どこか懐かしくも洗練されている趣味の良い空間。雰囲気良し。
本日の前菜はたっぷりのグリーンサラダと梨のサラダ仕立て。
見た目はポテトだが食べてみると瑞々しく甘みのある梨とパンチェッタのマリネ。
組み合わせの妙。パンチェッタの塩気と梨って意外に合う。

DSC_2926_convert_20111026005619.jpg
パンはシゲヒロかな~?パリッと焼いていてあっつあつ。

「魚介と小松菜のトマトソース」
DSC_2927_convert_20111026005647.jpg
魚介とトマトソースのパスタが大好きなのでオーダー。
全体的に塩気が強く、全部食べ切るにはクドく感じる。
魚介はあさりやら鯛やらがたっぷり。
ランチ用に仕入れた、というよりは食材を上手く利用して回す店に優しいメニュー。
パスタランチのメインを張る料理としては一般的で普通、と感じられる。

DSC_2928_convert_20111026005716.jpg DSC_2930_convert_20111026005737.jpg
お連れサマのオーダーしたベーコンと茄子のオイルベースパスタはハズレ。
完全にリアルな賄い飯。家でも週一回程度パスタを作るが
パスタ好きなので冷蔵庫のお掃除を兼ねた五目パスタは作らない主義。
そんな私からすると、運ばれて来た瞬間から分かるハズレ具合。
オイルベースは乳化したオリーブオイルのソースがパスタと絡んでいないと、ね。
手の込んだイタリアン風変わり焼きそば、と言った方がよいな。
デザートはガトーショコラ。エスプレッソは美味しかった。

非常に落ち着いた雰囲気の良い空間なので、
その空気感に見合った料理を期待していたのだが
支払う料金と同等の料理、という中の中の結果。
価値<値段、というレストランは論外として書き記すものとするが
コスパが低価格であるのなら、チェーン店でヨロし。
コスパ=安いと感じることであって、お店からすると安いとお客さんに感じさせる事。
安い、というのは価値>値段なので1万円のランチであろうがコスパの良し悪しはある。
好きな雰囲気なのでちょっと辛口だが、今後に期待するとともに
定期的に巡回したいお店だな~。

Restaurant Mitsuyama (レストラン ミツヤマ)
06-6263-0328
大阪府大阪市中央区北久宝寺町2-1-11
11:30~14:30(L.O) 17:30~22:00(L.O)
日・祝日の月休

2011.10.27