FC2ブログ
久しぶりに焼き肉。
どのくらい久しぶりか、と言うとブログ記事では3年前が最後。
でもルクアのオープンの時に叙々苑に行ったので1年ぶりか?
何せ、あまり行かないんだな~、焼き肉って。
お誘いがあって行く意外はあまり行きませんが人気店、と聞いて突撃。

DSC_3621_convert_20120506204431.jpg
阪神高速沿いの側道の人気店。
いや~、待ち人も多く中はサラリーマンで盛り上がっています。

DSC_3622_convert_20120506204504.jpg DSC_3627_convert_20120506204528.jpg
突き出しのキャベツと骨付きカルビ特上(1980円)なり。
これが骨付きの肉を網状に切ってクルクルと巻いているので
網の上に広げてハサミでチョキチョキ切って食べると・・・うま!
CMとかで見るのと同じで、何か焼き肉に来た!という臨場感が楽しめるな。

DSC_3623_convert_20120506204604.jpg DSC_3624_convert_20120506204648.jpg
幻カルビは予約必須の人気メニューらしく
来店客2人で1つ限定で取り置きが出来る、という代物。
塩タレとどっさり乗った葱が特徴。片面だけ焼いて食べるのが美味しい。

上ロースに上ハラミ、牛タン、ツラミ、おっと野菜も、と宴は続く・・・
ダイジェストでどうぞ。
DSC_3625_convert_20120506205247.jpg DSC_3626_convert_20120506205312.jpg DSC_3629_convert_20120506205340.jpg

DSC_3630_convert_20120506205415.jpg DSC_3631_convert_20120506205438.jpg DSC_3633_convert_20120506205459.jpg

DSC_3632_convert_20120506205523.jpg
どのお肉も柔らかくて美味しい。
いや、柔らかければ美味しいと言う訳ではないのだが、
部位の中でも良いお肉を使っているな~。
人気があるのも伺える。何よりも、安いし。
4人で食べまくり、飲みまくり、で25000円ほど。
〆やら何やらオーダーしすぎの感があって、このお値段だったので
普通にオーダーしていたら2人で1万円前後ってところでしょか?

友達同士の宴だったので、家人に自慢したら「行く!」で近日再訪予定。
今回は焼き係としてトングを渡されていたので、話しながら飲みつつ、肉丸呑み状態。
ゆっくり味わえんかった・・・_ORZ
次回はゆっくり味わいましょう!

「万両 南森町店 」
大阪府大阪市北区南森町1-2-14
月~金 17:00~翌1:00 日・祝 17:00~24:00
無休
スポンサーサイト

2012.05.09 
雨の日は人気店を狙え!という事で我孫子の有名焼き鳥屋さんへ
我が家からは若干遠く、予約不可と来りゃあハードルは結構な高さ。
人気店ゆえ空き席もすぐに埋まる、という椅子取りゲーム状態。
しかも、お店周辺は特に寄ってみたいお店やスイーツのお店もないので
焼き鳥だけのためにお出かけデス。
営業中でも提灯がついていない、という事は満席という事らしい=到着時満席。
滅多に提灯が点灯していることがない、というのだから大した人気です。
DSC_1918_convert_20110529220423.jpg
予約不可なので、開店を狙って17:00に入店したものの、タッチの差で次点。
もう少し早くから開いているそうな?
席が空いたら携帯に電話ください、とメモをして久しぶりに
カラオケなんぞして1時間程時間を潰しているとお店から席が空いたとのおしらせ。
まだ若干カラオケの時間は残っているが食い気が勝って、店へダッシュ!念願のお店~。


DSC_1920_convert_20110529220507.jpg DSC_1921_convert_20110529220541.jpg 
幻のお店で飲むのは幻の焼酎「村尾」。
ワインのようにストレートでテイスティングさせてくれる。
降りしきる雨で体が冷えていたのでお湯割りで。
付き出しは肝煮か新玉葱のサラダで選べる。肝煮をお願いする。
肝独特の香りは強いが臭みは少ない。甘めの出汁で炊いていて、
付き出し、というよりは中鉢いっぱいくらいの量の肝がどっさり入っている。

「地鶏たたき 400円」「こころ 120円」 「玉ひも 220円」 「さんかく 140円」
DSC_1922_convert_20110529220623.jpg DSC_1923_convert_20110529220704.jpg DSC_1924_convert_20110529220725.jpg DSC_1925_convert_20110529221937.jpg
炭火で焼いた独特の香ばしさが鶏の表面に香る。
塩とタレは指定も出来るようだが、おまかせで。
タレは日本酒のブレンドが多いのか非常にコクがある薄めのタレ。
煮詰めた質感が重いタイプではないので、見た目よりも胃もたれなし。

「あつあげ 250円」   「やきとり 120円」   「カモねぎ 220円」
DSC_1927_convert_20110529220753.jpg DSC_1929_convert_20110529220813.jpg DSC_1931_convert_20110529220855.jpg
自家製の豆腐を揚げた厚揚げはトロリとした喉越しとサクッとした皮が堪らない。
これは絶対に食べておかないとおけない一品だわ。
やきとりやカモネギ等、この辺りの串になるともうさすが!という絶妙な火入れ。
柔らかくジューシーかつ表面が香ばしい、理想的な焼加減です。

「つくね 200円」          「骨付きからあげ 400円」
DSC_1935_convert_20110529220940.jpg DSC_1938_convert_20110529221009.jpg
つくねは新玉葱の粗みじんが入っていて、シャリシャリとした歯触りがアクセントに。
骨付き唐揚げはドーンと凄いボリューム

「鳥どん 450円」
DSC_1941_convert_20110529221054.jpg
つゆだくの丼で〆。ちょっとつゆだくすぎるので〆には重たいが、まあ美味しい。

あと、漬物盛り合わせ・空豆も食べて2人で7000円程なり。
ドリンクが村尾2杯・ソフトドリンク2杯で非常に安い~。
接客も卒なく、料理の一品一品が丁寧なのでただの赤提灯とは一線を画す良店です。
また、行ってみようかな~。

安喜」
大阪市住吉区苅田7-12-28 常磐ビル1F
06-6695-2468
17:00~翌1:00
無休

2011.05.30 
焼鳥どこか見繕っておいて、とのお誘いがあり評判の良いコチラへご案内。
と言ってもワタクシも初めての入店。どんなんかな~?
DSC_1630_convert_20110327104446.jpg
堂島の賑やかな通りに静かに佇むお店。
エントランスからもお分かりのように凛とした印象。期待が持てます。
京町屋のように奥行きのある造りで間口が狭く通りに縦にカウンターが並びます。
コース料理1本勝負のお店なので、カウンターに陣取って焼き鳥コースを堪能。

「肝のブリュレ」           「鶏のお造り」
DSC_1632_convert_20110327104520.jpg DSC_1633_convert_20110327104542.jpg
玉葱の甘みと肝のコクが何とも美味しく、バゲットに塗って食べる。
パンのお代わりも自由です。
鶏のお造りも甘みがあって美味しい。

「前菜盛り合わせ」
DSC_1635_convert_20110327104607.jpg
自家製豆腐・毛馬胡瓜の奈良漬け・煮こごり・菜の花・柿とチーズ、の5種類の前菜。
濃いトーンのグラデーションがこのお店の有り様を表すようですな。
どれも酒肴にぴったりです。

「焼き物」
DSC_1636_convert_20110327104650.jpg
砂ずりとつくねを玉葱ソースで。火入れも良く美味しい。

「鴨の血で作ったソーセージ」     「温泉卵ポルチーニソース」
DSC_1638_convert_20110327104715.jpg DSC_1640_convert_20110327104751.jpg
鴨のブータンノワール?初めて食べたが中々美味しい。温泉卵もトロ~リ。

「加賀蓮根」                 
DSC_1642_convert_20110327104915.jpg DSC_1641_convert_20110327105005.jpg
ほくほくとした蓮根は塩加減も抜群。当然、酒杯も進みます。

「吉田牧場のチーズの瞬間燻製」
DSC_1643_convert_20110327105026.jpg DSC_1644_convert_20110327105044.jpg
グラスを開けると、桜のチップの香りが強く香る。チーズは言わずもがな。

「鴨の無花果チャツネ添え」      「かすサンド」
DSC_1645_convert_20110327105104.jpg DSC_1647_convert_20110327105123.jpg
鴨には果実が合いますな~。しかもこの艶やかな鴨のロゼ

「テールスープ」
DSC_1649_convert_20110327105256.jpg
滋味溢れる味わい。鶏の旨味と白ねぎの香り、昆布で取った上質な出汁。
3月と言えど夜は冷え込むので体の細部にまで染み渡ります。
他のお連れサマにも評判が良かった一品。

「ササミの味噌焼」          「ブロッコリーのロワイヤル」
DSC_1650_convert_20110327105317.jpg DSC_1651_convert_20110327105335.jpg
ササミの淡白な旨味を味噌がアシストします。

「さんかく」             「フォアグラと苺」
DSC_1652_convert_20110327105353.jpg DSC_1654_convert_20110327105425.jpg 
さんかくは脂が乗って美味しい
苺とフォアグラはチコリの苦みと合わせて食べると
脂が中和されたように旨味だけが口に残る。

「ねぎま」
DSC_1655_convert_20110327105517.jpg
追加で食べたねぎまがは絶品。
コースメニュー自体が上品なのでガッツリ焼鳥を食べたかった一同も満足の様子。

「チキンラーメン」
DSC_1656_convert_20110327105952.jpg
〆のラーメンを一軒目で出すグッドアイディア。
少食の女性も食べられるポーションも良し。

「デザート」             「おみや」
DSC_1657_convert_20110327110012.jpg DSC_1658_convert_20110327110031.jpg
デザートも品よく登場。チキンラーメンで温めた体をクールダウン。
おみやに竹の皮で包んだ鶏飯とは気が利く。
コースに組み込まれていると、お腹が一杯になるので
食べたい人だけお夜食に食べられるもんね。

年配のお客さんにもウケ良く接客できる若い店員さんがいてホスト側としては嬉しい。
年若のお姉さんやサラリーマンしか相手にできない店員さんって結構いるもの。
隅々まで配慮が行き届いていてまた行こう、という気持ちになる。
ただし、コース料理の比重から言っても創作の料理が多いので
焼鳥屋さんというよりは鶏料理屋さんという認識で行った方が良いかも。

「焼鳥 市松」
大阪府大阪市北区堂島2-2-33 萬伸社ビル1F
06-6346-0112
18:00~22:30(入店)
日休

2011.03.28 
食べログである日、注目店で急浮上して来た門真の唐揚げやさんへ
DSC_0935_convert_20101117163616.jpg
急浮上の理由は魔法のレストランの放映
+TKOの木下さんのご家族の経営という事らしいが。
鶏の唐揚げやコロッケなどの揚げ物の一品料理や
定食、コムタンスープが売りらしい。
それにしても寂しいメニュー。
一品料理で数点・それを定食化したメニュー、と選ぶのに困るほど。

「名物からあげ(3個) 380円」
DSC_0936_convert_20101117163640.jpg
下味のにんにく・生姜がしっかり効いた唐揚げ。
悪くはないが門真に遠征してまで食べるほどの物でもないかも。

「手羽元(3本) 380円」
DSC_0938_convert_20101117163704.jpg
甘酢ソースが意外にアッサリしていて美味しい。

何よりも接客が悪く心証が悪い。
座って暫くオーダーを聞きにこないので、カウンターに声をかけても
聞き取ってもらえず、仕方なく席を立ちオーダーを言いに行くと
「座っててください!」…。
いえいえ、仕方なくオーダーを言いに来たのであって
もし速やかにオーダーを取りに来てくれたらワタクシだってゆったり座っていますわよ。
常連らしきファミリーと大きな声で話をしているから
他の客もオーダーも等閑になっているんでしょうに。

ま、2回目行く事はなくても唐揚げラヴァーな女子が
それなりに楽しめんでくれたから良いけど。
この後は、お寿司を梯子予定なのでサクッと軽く済ませて車でGO~~

2010.11.22 
前から行きたかった焼き鳥屋さんへ予約してディナー
19:00までに入店なら予約が可能、と私にはハードル高めなので
今まで延び延びになっていたが、念願叶って初入店。
DSC_0948_convert_20101117164013.jpg
ミシュランの星獲得のお祝い(?)らしきお花も店舗前に飾ってある。
焼き物の串や一品料理もあるが、折角なので「おまかせの10串コース」で。

DSC_0951_convert_20101117164037.jpg
付き出しのキャベツ千切りとミニざる豆腐。
よく水切りしてある豆腐なので塩で食べても味がボヤけないで美味しい。

DSC_0954_convert_20101117164124.jpg DSC_0953_convert_20101117164106.jpg
当然、こうなるw
お造り盛り合わせ(1500円)も急遽追加オーダー。
レバーやこころは臭みが苦手、なので普段は絶対食べない私。
焼き物の方が不思議と匂いや癖が出るので生でだと
少し食べるか食べないか(食べない方が多い)なのだがココのは大丈夫だった。
下処理が良いのか臭くない。はい、焼酎おかわり。

「おまかせ10串コース 2500円」
DSC_0952_convert_20101121154041.jpg
じんわりと火の入ったささみはワサビであっさり食す。
上品な塩使いで期待が膨らみます。
DSC_0955_convert_20101117164209.jpg DSC_0956_convert_20101117164227.jpg DSC_0957_convert_20101117164250.jpg
DSC_0959_convert_20101117164311.jpg DSC_0960_convert_20101117164329.jpg DSC_0961_convert_20101117164355.jpg
DSC_0963_convert_20101117164415.jpg DSC_0964_convert_20101117164439.jpg DSC_0965_convert_20101117164458.jpg
せせり・かわ・ねぎま・こころ・なんこつ・いとこ・山芋・つくね・せぎも、の
10串をご主人が丁寧に焼いてくれる。
部位に合わせて火入れが全然違う!こんがり、ふんわり、しっとり。
お客さんが手に取る頃合いを見計らって完成させているのでしょうね。

「白子醤油焼き 550円」
DSC_0962_convert_20101117164551.jpg
鶏の白子!初めて食べた~。卵の白身の食感、味は黄身・・・そりゃそうか。
でも不思議な味~。

落ち着いた雰囲気でお酒の種類も多いので、多分近いうちに行くな。
比較的時間をおいてゆったりとした構成なので会話を楽しめる人を連れて行きませう。

「あやむ屋」
大阪府大阪市福島区福島5-17-39
06-6455-7270
18:15~23:30
日・祝休

2010.11.17