FC2ブログ
美味しい、と専らの評判の大衆中華「華祥 」でランチ
元田中周辺は駐車場が見つけ辛くて困るわ、などと言いなが何周もを走りまくり
やっとこ1台空きスペースのあるパーキングを発見。
お昼ジャストの12:00前後にお店に入ると老若男女問わず、大人気。
どっちの料理ショーの特番で見て以来、あんかけ焼きそばが
ず~っと食べたかったのでランチセットに。

「あんかけ焼きそばセット 800円」
DSC_3682_convert_20120504070123.jpg
このボリュームでこの値段は安い!
オイスターソースがほんのり香る少し甘めのあんに香ばしい麺が良く合う事。
スポンサーサイト



2012.05.05 
久しぶりに天満の人気店、双龍居でワイワイと卓を囲む会
DSC_3029_convert_20111121094744.jpg
久しく行っていなかったが、改装して綺麗になっていた。
ベンチもビフォアアフターの匠が考えたような収納付きベンチ。確かに便利が良い。
人は変われど、2人単位で動く事が多い私。
中華のアラカルトだと1皿の盛りが2人にしては多いので
色々食べたいのに頭数が足らん~、と品数を減らすor結局コース料理、に成りがち。
今日は4人揃っているので好きな物がオーダーできるぞ、と。

「ピリ辛甘酢胡瓜450円」「棒棒鶏600円」「きくらげと胡瓜の冷製850円」
DSC_3032_convert_20111121094815.jpg
中華に来たら前菜を注文せにゃ!甘酢胡瓜って美味しいよね~
棒棒鶏のソースもコクがあって美味しい。キクラゲのコキュコキュとした歯触りも良い。

「フカヒレスープ 2500円」    「麻婆豆腐 700円」
DSC_3033_convert_20111121094833.jpg DSC_3034_convert_20111121094853.jpg
コラーゲン不足なのでちょい贅沢してみました
上湯スープの滋味豊かな香りと蟹・フカヒレの味わいと食感が楽しめます。
高級中華料理店でフカヒレをオーダーするのは少し勇気が要りますが
店内では他のメニューと比べると値は張る物の、価値>値段のバリュー感。
麻婆は前に何となく食べ損ねていたのだが、花椒がブンブン
片栗粉多めのネパッとした感じがあんまり好みではないな。
もう少し量が少なくても良いので薬味系の香りと歯触りが欲しい。

「小龍包 500円」  「若鶏の唐揚げ 650円」 「蟹レタス炒飯 900円」
DSC_3035_convert_20111121094926.jpg DSC_3036_convert_20111121094944.jpg DSC_3037_convert_20111121095001.jpg
小龍包は若干皮が厚め。もう少し薄い方が好みかな~?水餃子っぽい。
唐揚げは下味のハッキリとしたガツンとした男好みな仕上がり。
炒飯は脂っこかったな。家庭で作る炒飯よりも倍くらいの油を使っていると思うが。
この他にも焼き餃子や焼売を食べてお腹一杯!
日本語が達者なようなそうでないような、のご店主もお元気そうで何より。
お皿を下げに来て無表情で「アリガト」と言う姿が印象的でございました。


「中国食府 双龍居」
06-6358-8808
大阪市北区池田町10-11 辰己ビル1F
月~土 11:30~14:00  17:30~24:00
日・祝   11:30~14:00  17:30~23:00
第1・3月曜日 (祝日の場合翌日
)



2011.11.23 
とある日曜日。お誕生日会の下見を兼ねて、福島で中華料理を食す事に決定。
DSC_2909_convert_20111106141918.jpg
名店「まき埜 」のすぐ横。お腹も空いていなかったのでアラカルトでオーダー。

「前菜盛り合わせ」          「蒸し鶏のサラダ」
DSC_2910_convert_20111106141942.jpg DSC_2912_convert_20111106142001.jpg
アレ?何かイメージが違う。中華料理と言うよりは居酒屋のような盛りつけ。
お洒落中華だから?味は普通だが、繊細と言うよりはケチッたような小盛り。

「点心3種盛り」           「海老のマヨネーズ和え」
DSC_2913_convert_20111106142027.jpg DSC_2916_convert_20111106142053.jpg
えと、何て言ったら良いのか・・・普通過ぎて形容し難い。
長らく行っていないが、多分ファミレスレベル。

「担々麺」
DSC_2918_convert_20111106142131.jpg
人気No.1のメニュー記載に魅かれてオーダーしたが、凡庸。

「焼き餃子」が誕生日会のリクエスト、というお友達(女子)の下見がてらだったので、
焼き餃子がメニューに載っているお店を選んだのだが残念ながら売り切れ。
仕方なく他の物をオーダーした、という経緯もあるがコレは選外。
大学生のデートには良いかもしれんが、特筆すべき物が何もない。良い大人は選ばんな。
しかし、焼き餃子で誕生日を祝うと言う斬新なアイディアを叶えるべく店探し中だが
餃子専門店ってメニューがビール・ライス・餃子だけの所が多いので
誕生日会が30分くらいになってしまう!
本格中華だと水餃子を出すお店の方が圧倒的に多いし、美味しくないとイヤと言うし。
誰か焼き餃子が美味しくて、そこそこ雰囲気も良くて、そこそこメニュー数もあるような
良いお店知りませんか~?

2011.11.16 
5月の初夏らしい薄暑に全くやる気が出なくなったワタクシ。
自分探しの旅に出ようかしら…などと浮世離れした妄想を膨らませるが
そういう訳にもいかず、取り敢えず有休を取って一日ゆっくりと家で猫と寝転ぶ
しかし、まあ折角のお休みを有意義に過ごそうじゃないか、と
平日限定ならではのランチを求めて行き着いたのは
DSC_1886_convert_20110518130337.jpg
噂の一碗水(イーワンスイ)!
どう噂かと言うと、夜は当日予約限定(以前は毎月1日のみ予約受付の争奪戦)
平日のランチは20食限定、店内はカウンター10席程、と
勤め人には非常に狭く厳しい門なのだ。
春の全国交通安全運動か何だかで警察官だらけの大阪市内を安全運転で走り抜け
11:30開店のランチを狙って5分程前に店前に到着。
DSC_1885_convert_20110518130418.jpg DSC_1884_convert_20110518130400.jpg
開店時間ともなるとどこからかお客さんが集まってくる。
車で来られる方も多いようで、店舗前の立体駐車場から人が流れてくる。
ランチは1種類のみなので着席するとジャスミンティー・おしぼりが出て来て
オーダーを聞かれる事もなく、暫く待つと本日のランチがサーブされる。

「本日のランチ 1000円」
DSC_1888_convert_20110518130438.jpg
中華粥・小鮎の中華風南蛮漬け・茄子と牛バラ肉の炒め物・人参と金針菜の炒め物。
ピータン・鶏肉・干し貝柱・生姜などがたっぷりと入った艶やかな中華粥は
米の形を辛うじて留めているが、鍋の〆に食べる雑炊とは違って米の芯が全く無く
ご飯というよりはスープに近い本格的なコンジー。滋味深く栄養たっぷり!の一品です。
体が内から綺麗になったり、浄化される~、ではなく
「栄養摂ってます!」「これが何週か後に血肉になる予定です!」というイメージ。
炒め物もそれぞれの素材を一度炒めて取り出してから
強火で炒め合わせているので火の入り方が抜群です。
小鮎は花椒がピリリと効いた上品な味わい。

風邪で喉をやられた時か海外旅行の最終日にモーニングブッフェくらいでしか
お粥を食べる事のないワタクシだが、たかがお粥されどお粥。
1000円で非常に満足度が高いランチです。

「一碗水」
大阪市中央区安土町1-4-5
06-6263-5190
11:30~(数量限定) 18:00~21:30(L.O)
日・祝・第4月休

2011.05.20 
久しぶりの映画鑑賞後、福島へ移動。以前から気になっていた中華料理屋さんへ。
DSC_1849_convert_20110515143623.jpg
強まる雨脚に促されるように店内へ。
予約を入れていたので無事に座ることができたが、見渡すと満席。人気店のようです。
四川をベースにした中華料理屋さん、と聞いていたので辛い系統をベースにオーダー。

「よだれ鶏 880円」
DSC_1851_convert_20110515143729.jpg
カリカリとした香ばしいカシューナッツの歯触りをアクセントに
辛味タレがたっぷりと掛かった蒸し鶏。
涎が止まらんほど美味しい、という事からネーミングされた四川定番的菜単。
自然とビールに手が伸びます。それにしても結構な辛味です。

「四川麻婆豆腐 980円」
DSC_1852_convert_20110515143754.jpg
人気メニューをオーダー。久しぶりに外(外食の意)で麻婆豆腐を食べるが
麻(マー:痺れるような辛味)が辣(ラー:唐辛子の持つ辛味)を大きく上回る辛さ。
花椒が効きすぎているのか、味が香りで掻き消される程の辛味。
辛さにさほど強くない(正確には若干弱い寄り)のでちょっと刺激的すぎた。

「鶏肉とホタテ貝柱の焼売 630円」
DSC_1854_convert_20110515143818.jpg
これは文句なしに美味しかった。
豚肉と玉葱の一般的な焼売だと蒸し調理で玉葱の臭みが強くなるので苦手なのだが
これはアッサリとした味わいの中に帆立と鶏肉の旨味が楽しめる。
鶏肉の弾力が適度にボリュームを与えるのも非常に良い。

「海老のチリソース煮 980円」
DSC_1855_convert_20110515143843.jpg
これは正直に言って好みではなかった。
海老チリの海老が揚げたものではなく、片栗粉をつけて湯通しした海老だった
揚げた海老の方がチリソースが絡んで好みなんだけどな~。
その上、チリソースの甘みがクドいので食べ切るのにかなり苦労した。

「海鮮あんかけ焼きそば 980円」
DSC_1856_convert_20110515143917.jpg
具沢山で彩り華やかなあんかけ焼きそば。魚介類もゴロゴロと入っていて美味しい。
これは文句なし。落ち着く味わい。

メニュー数がさほど多くないので、通い詰めるにはちと厳しいが
価格帯も手頃で雰囲気もお洒落すぎず、入りやすい。
私たちのオーダーが全体的にタレ多めの四川系ばかりに偏りすぎたので
似た印象の料理?とも思ったが次回は海老マヨをオーダーしてみよ、と。

「中国菜 OIL」
大阪府大阪市福島区福島6-19-12
06-6442-1115
11:30~14:30 17:30~22:00(L.O.21:00)
日休

2011.05.16