FC2ブログ
勤め人には難易度高い目シリーズ第2弾、北浜の丁子。
営業時間が平日の11:30~15:00なので、平日のお休みにしか行けん
しかも和レーは初めてなのでワクワク。
DSC_3654_convert_20120420071033.jpg

「合いがけ(激辛チキンキーマ・ビーフ) 800円」
DSC_3655_convert_20120420071059.jpg
ビーフは揚げさんやネギが入っていて、カレーライスと言うよりは
うどん屋で出てくるカレーうどんの出汁のような和風でカレー丼のような印象。
激辛チキンキーマは鶏そぼろのスパイス炒め、といった感じで
口の周りがヒリヒリするようなドライカレー。
これをヒントに家で何か創作してみましょう。

「本日のスペシャル(ほうれん草カレー クリームチキン添え) 900円」
DSC_3658_convert_20120420071121.jpg
ほうれん草のエグみがなかなかに強敵なクリーミーカレー。
クリームチキンは口の中でほろほろとほどけるような柔らかさ。
カレー自体はマイルドな辛みだが、もう少しほうれん草に競合する味か
歯触りを加えたほうが美味しくなるんじゃなかろうか?

元々はバー?のようなカウンターとソファだけの10席弱ほどの小バコ。
女性店主の手入れが行き届いているのか、シンプルかつ清潔なスッキリとした空間。
辛さに強い人におススメ~。

「和レー屋 丁子」
大阪市中央区東高麗橋5-3 双葉ビル2F
06-6941-2006
11:30~15:00
土・日・祝休
スポンサーサイト

2012.04.20 
営業時間が平日の昼間のみ、のハードルの高いカレー屋って何店舗かある。
その内の1つ、白銀亭も前から行ってみたかったが、なかなか行けずにいた一軒。

「ほうれん草カレー 850円」
2012-04-11+14_28_42_convert_20120411170334.jpg
辛口カレー専門店の看板は伊達じゃない、というカイエンヌペッパーが効いた味わい。
ほうれん草はたっぷりと入っているが、茹でて手早くカレールーと
合わせているので、彩りも綺麗。
ドロッと辛味の強いシンプルな家カレーの延長線上にある。
色の薄めな福神漬けと甘酢玉ねぎが清涼感を与えます。
辛めのインディアンカレーのように万人受けするのかも。
甘みとスパイシーな香辛料が楽しめるが、もう少し個性的なカレーが好きかな。

「白銀亭」
大阪市中央区淡路町4-4-12 ダイドーメゾン大阪御堂筋
06-7654-1067
月~金11:30~16:00(土曜日は~14:00)
日休

2012.04.12 
1月22日はカレーの日。
学校給食で初めてカレーが出された日から制定されたとか。
じゃあ久しぶりにカレーでも食べに行こうか、と食べログで検索して
気になる所をピックアップ。
その中から、気兼ねなく手軽に食べられそうな雰囲気のインド料理屋をセレクト。

DSC_3311_convert_20120129183913.jpg DSC_3314_convert_20120129184102.jpg
日本橋のとある雑居ビルの中にある。
その隠れ家的、というより雑多な雰囲気が現地さながら。
インド映画の映像を横目にビールをぐびり。海外旅行に来たかのよう。
ディナーのミールも1200円~と非常にお得。
ワタクシは南インドセット、お連れサマはターリーセットをオーダー。
カレーは20種類程あるカレーから2種類選べる。
他のお店ではセットのカレーはこちらの種類から、と制限があるが
マトン、チキン、フィッシュ、など豊かな選択肢。

「盛り合わせ」
DSC_3316_convert_20120129184131.jpg
双方のセットについてくるタンドリー・ケバブが別盛りで先に。
塩っぱすぎず、スパイシー。なので自動的にビールの杯が進む。

「南インドセット 1700円」
DSC_3323_convert_20120129184212.jpg
ボリュームたっぷり!
ライスもナンもオーダーしたカレー2種(チキンとベジタブル)、
+なぜかもう1種類のカレーがついてくる。
ライスはナッツ炒めになっているので、もうお腹一杯すぎて・・・
もうダメ意識朦朧。

「ターリーセット 1800円」
DSC_3319_convert_20120129184247.jpg
サラダもカレーもヨーグルトもてんこ盛り。
このステンレス製の器って結構容量あるのね。

インド料理屋って何だかんだで割高、というイメージがあるが
ココは驚愕のコストパフォーマンス。
女性は一番安い1200円のセットで十分かも。
味は文句ないし、おススメです。

「インド家庭料理 シンズ・キッチン」HP

2012.02.06 
スープカレー、トマトカレー、キーマカレー、和カレー
その年毎に流行カレーがあるものだが、今年はタイ風グリーンカレーが来る!らしい。
人の受け売りなので、本当かどうかは分からないが。何でもそうらしい。
そんなカレー噺に華を咲かせていると、
何だかグリーンカレーが無性に食べたくなって来た。
茨木の寿司屋でランチ、と考えていたとある日。
茨木まで足を伸ばしたのに、満席でお断りされた瞬間に「そうだ、高槻に行こう。」と
押し出されるように高槻へ。お目当てはココ!!!
DSC_3282_convert_20120118212246.jpg DSC_3284_convert_20120118212223.jpg
北摂の中でも京都寄りになればなるほど、下町色が濃くなる不思議を感じながら
駅裏のオバちゃんだらけのエリアにある雑居ビルの3・4Fに
インド人どころかタイ人もインドネシア人もビックリするレストランがあるのだ。
DSC_3287_convert_20120118212333.jpg DSC_3285_convert_20120118212313.jpg
雑居ビルとは思えないインテリア。
現地のホテルレストラン、と形容する方がよいのか
良い意味での「らしさ」とお洒落具合も兼ね備えている。
なかなか大阪市内からは行き辛いエリアなのだが、来た甲斐があるというもの。
当然ながらオーダーはグリーンカレーに決定。

「ゲーンキャオワーンガイ(鶏肉となすのグリーンカレー) 945円」
DSC_3289_convert_20120118212500.jpg
本日のグリーンカレーにはガイトート(タイ風鶏の唐揚げ)・サラダのプレートも
セットになっていてボリューム満点。
サラダドレッシングが胡麻だったのは、ま、食べやすさを重視してでしょうね。
スパイシーかつリッチなココナッツの香りに食欲増進。
バイマックルの香りは控えめで全体的に食べやすくアレンジは加えているようだが
食後に「私、たった今無国籍料理ランチをしてきました!」という
アジアアジアした強い香りがしなくて良いとも言える。
無国籍料理屋さんにありがちなスパイスと現地素材をブっこんで塩気強めにしときゃ
ごはんが進むだろう的な雑い味付けではないのでホツホツとごはんが進む。
ガイトートはそのままでも十分に美味しいが、チリソースや酢唐辛子を
少し垂らすとより一層、アジアらしいエキゾチックな味わいに。
これで945円とはお得過ぎるランチ定食ですね。
今度は夜にアラカルトで頼んでシンハーで・・・プハーッとやりたい所です。

DSC_3291_convert_20120118212527.jpg DSC_3292_convert_20120118212544.jpg
その後はブラブラと高槻駅周辺を散策。
洋食のいろはさんが人気なようで、晩御飯の買い物を兼ねて列に加わる。
その隣のLA GAMINERIE(ラ・ギャミヌリィ)という
この界隈におよそ似合わないオサレなパン屋さん。
PARADISE&LUNCH、と言う事は「ブーランジュリータカギ」の系列店ですね。
苺をスライスしてトッピングしたデニッシュや焼き菓子などを数点お買い上げ。

普段自分が足を踏み入れない未開の地に行ってみるのもいいかも。

「熱帯食堂」
072-684-1236
大阪府高槻市高槻町13-24 VIVIDビル4階
11:30~14:00 18:00~22:00(土日祝 17:00~)
無休

2012.01.19 
以前はよくウロウロ散策していた空堀商店街界隈。
しばらく行かない内に、美味しいお店がグッと増えた様子。
クリスマスで荒れた生活(…と言っても食べ歩いていただけだが)が祟って
味が濃いものを食べた時(正月とか)に感じる舌がザラつくような口内炎一歩手前。
生来の冷え性でもあるので体を温めるカレー、しかも薬膳カレーのような
体に優しいものが食べたくなり、食べログで前から気になっていた旧ヤム邸へ
DSC_3194_convert_20111229104349.jpg DSC_3195_convert_20111229104411.jpg
見れば、古川橋の「きぬ川」も商店街内に移転していてその向い。
町家をリノベートしたゴチャっとアンティークな外観。
お惣菜が2品セットになったカレー膳と単品のカレーがランチメニュー。
DSC_3197_convert_20111229104445.jpg
懐かしい雰囲気を活かして落ち着く空間。

「七色の季節やさいカレー 800円」
DSC_3198_convert_20111229104520.jpg
ライスは玄米orターメリックライスを選べるので、玄米で。
サラッとしていて深みは無いが体に優しいカレー。
玄米の粒々もっちりとした食感がよく合う。

「粗びき鶏キーマにおんたまのせカレー 750円(ライス大盛りは+100円)」
DSC_3201_convert_20111229104709.jpg
ターメリックライス大盛りでオーダーしたカレーは、
味噌・醤油を隠し味にした和チキンキーマに温泉卵がトッピング。
スパイスの辛味より塩気が強く、変わり鶏そぼろのような?
塩気が強いので大盛りのライスで中和しても塩辛さが口に残る。
もう少し塩を減らしてクミンを増やしたらカレーとして良くなるよね、などと言いつつ。

ランチは多分コレで食べ納めだろうな~。
今年も良いお店に出逢えた事と食べ歩きに付き合って下さった方に感謝。

「旧ヤム邸」
大阪府大阪市中央区谷町6-4-23
06-6762-8619
ランチ営業  [月~金]11:30~14:00 [土・日] 11:30~売り切れ次第終了
ディナー営業 [月~日]18:00~23:00
祝休

2011.12.30